痩せられない原因はこれ!? 「寝てる間に太っちゃう」NG寝室の特徴4つ
さむ~い冬がやって来ました。ぬくぬくと温かい布団がうれしい季節ですよね。「よく眠ると痩せるっていうし……….≪続きを読む≫


なぜなんでしょうね。
あせる部屋の壁が黄色
色彩治療という側面からすると黄色は便秘薬ですね。腸の動きが良くなってすっきりし健康な食欲が増すのでしょうか。黄色は五行で「土」。大地の中で眠る安心感もあるのかも。
また、黄色は第三チャクラに照応していて、肝臓や消化器系を刺激します。
摂食中枢が刺激されると空腹を感じるという事は知られています。
接触中枢が刺激される原因は1肝臓のグリコーゲンが減少し低血糖になるため2ドーパミンが発生し脳が興奮するためという二つがあるそうです。
あせる部屋の温度が高すぎる
部屋が暖か過ぎて、褐色脂肪細胞が不活発になると太る。。。
温暖地の魚のようにしまりがなくなるということでしょうかね。
ハワイの松は柔らかくて家を作るには向かない、ということを聞いたことがあります。
寒い寒冷地で育った松は年輪が蜜で粘りがあり、地盤の悪い土地の建物を支える基礎杭にも使用されていました。
あせる電化製品がありすぎる
まさに電磁波の害ですね。免疫力や自己治癒力などといった人体に備わっている力をジワジワと無力にしていきます。電磁波中和、ジオパシックストレス中和はダイエットにもいいということです。眠る場所を考慮するだけでも効果が出る場合もあるでしょう。
あせる夜中も電気を付けたまま眠る
日中に生産したセロトニンが、夜暗くなることでメラトニンに変化させるのが松果体です。部屋が明るいと松果体の体内時計が働かず、メラトニン製造がうまく行かないために不眠に陥るという側面があります。
深い眠りを妨げられることによって、脳が興奮状態となり摂食中枢を刺激するのかもしれませんね。