神社 東海市の大宮神社にご挨拶に行ってまいりました。
講演会や、劇などいろいろな催しが開催される所でもあります。
アマテルカミ
スサノオノミコト
ヤマトタケルノミコト
ミヤズヒメ
タケイナダネヒメ
オシホミミノミコト
熱田さんのご分霊の大宮明神とのことです。
樹齢1,000年ともいわれる楠が素晴らしい。

花曇りでずすやかな青い光が静かに漏れます。

龍が篭に入っているのは始めて見るかも?
頭を触られるのがお嫌いですよね確かに。龍神さんって。

コンクリート造の本殿ですが、脇に「ご自由にお持ちください」と
箱に一杯の新玉ねぎと白ネギが。
神社を出ると周りには一面の玉ねぎ畑。
牧歌的な春の一こまです。おもてなしを受けてこころほくほくラブラブ
お下がりをありがたく頂きます。

神社鳥居をくぐるとすぐに楠の、天に向かって盛大に広げられた枝ぶりを見られます。
バランスも良く、ウロがかえって威厳を感じさせる落ち着きぶりです。
守られてるなあ。私たち。