神社時間とお天道様のご機嫌を伺いつつうけひ事をしています。
本日まずは貴船神社。
強烈なパワースポット京都は鞍馬の貴船神社から勧請のお社です。

山の龍神と谷の女性龍がおられます。
雨を降らせたり止めたりする水の神さまで、
雨乞いをしたり、山火事を止めたり、
時には河の氾濫を起こしたりします。
この女性の龍神さまは、泉のように湧きでる神さまのようですね。
京都の方には去年の夏にご縁をいただいています。
鞍馬山の魔王殿にも参拝しました。

鞍馬山のパンフレットにもありますが、
鞍馬山には金星から降りたった魔王が鎮座するとのこと。

でも金星から分かれたスバル星団から「鞍馬貴船神社」奥の院に
降り立ったのが本当だ、と言う説もあります。
大天狗の男神が山に登り修行者をサポートし、
女龍神は貴船にいて、丑三つ参りをサポートしていたんでしょうか。
こんな山奥深くに丑三つ時に通うほどの恨みって・・・ガーン
鞍馬の貴船のあたりは、暑い盆地に住む人々のちょっとした避暑地だったのでしょう。
豊富な水源で川遊びをしたであろう風情を今も残していながらも
一旦山に入れば気が渦巻いています。
地球ならざる周波数が何度も飛び交っていたかもしれないなという感じはありますね。

まあ、いずれにしても龍神さんは基本的に日本には欠かすことができない
守り神的な存在です。
この地域の貴船神社もこの村の鬼門を守る鎮守の森だそうです。

ちょっと胸が圧迫される感じ。
でも撮影はOKでした。

右矢印貴船神社(愛知県東海市)
祭神 高龗神(タカオカミノカミ)
   闇罔衆女神(クラヅミハメノカミ)
   国常立神(クニトコタチノカミ)
高龗神(タカオカミノカミ)は山の龍神で闇罔衆女神(クラヅミハメノカミ)は谷の女龍神。
クニトコタチノカミとはほつまつたゑによると神代初代のエライ神さまです。