クローバー活断層と神社の関係についてはいろいろな場所で確認されています。
活断層はジオパシックストレスそのもので、地球の新陳代謝のような地殻変動によって、地表に人間に影響のないはずはありません。地震による被害が最もわかりやすいですが、そこから発する周波数によって身体的にも精神的にもじわじわ影響を受けます。
地震国である日本には活断層というものはあちらこちらに在るのですが、領家変成帯(西南日本内帯)と三波川変成帯(西南日本外帯)が合体した境目の大きな断層を日本構造線といいます。地殻変動により7千万年前に大陸側と太平洋側がくっつき、1450万年まえに大陸側に日本海ができて今の日本列島になったと言われています。
私が最初に知った事実は東海市の八柱神社・香良須(からす)神社が、知多半島活断層の起点部分にあるという事でした。香良須神社の祭神を根元まで辿って行くとどうやら、日本構造線と関係があるようだ、という事です。その祭神こそワカヒルメさまなのです。

ホツマツタエによるとワカヒメさまはとんでもなく重要な役割を担われていたことがわかります。
自分のことを「カラス」としているところも気になります。
ヤタガラスは、太陽の化身ともいわれ太陽神である天照大神と深い関係があります。
カラスつながりです。ヤタガラスを紋章に使っているのは熊野大社ですが、ワカヒメゆかりの地でもあります。
日本構造線は、紀の川の上から葛城山、金剛山の南をくぐりぬけています。
並行してその南に菖蒲谷断層が見られます。
そのすぐ際に、丹生神社や女人高野と言われる慈尊院があります。

その奥に丹生都比売神社が控え、また空海の金剛峯寺があります。
空海は若いころ、修行の場を探して奈良に入ったところ丹生都ヒメ(ワカヒメ)により、案内されたという深い縁があります。高野山の案内人はワカヒメだったんです。
そして、こんな記述を見つけました。
松田壽男著『丹生の研究』によると、「日本の水銀鉱山の2/3以上が中央構造線上に分布しており、水銀採掘集団の道でもあった」とビックリマーク
水銀採掘集団とは「丹生都姫」の民であり、だからこそ活断層と深いつながりがあったわけです。うわ~つながった目
もともとジオパシックストレス探知技術は、古くからある水脈や鉱脈探知技術を使っています。
そうか。。。
この仕事を始めたときすでにワカヒメに弟子入りしたってことだったんだ。
ぜひとも、ご挨拶に馳せ参じねばDASH!
以上、本日の調べでこのような事実を知ったわけですが、実は昨夜の”光柱瞑想”でこんなメッセをいただいていました。