一日目の行程では11か所400㎞以上を走りました。
神社10カ所目玉津島神社。41番目
13時51分に到着しました。

玉津島神社のご由緒を読むと、丹生都比売神社から出発する「浜降りの神事」のことがより詳しく書かれています。

玉津島神社の隣にある塩竃神社ですが、ここは元来玉津島神社の祓所であり、浜降りの神事の際は必ず、ココでお祓いをしてから玉津島神社に参るのだそうですショック!
なんたること。
何たる失礼おばいたしました。いきなりお参りしてしまいすみません。
それで、塩竃神社祓え戸大神四座とは
セオリツヒメノカミ   諸々の罪穢れを川から海に流す
ハヤアキツ姫ノカミ   諸々の罪穢れを海で飲み込む
イフキドヌシノカミ   海にのみ込んだ罪穢れを根の国・底の国に息吹を放つ
ハヤスサラヒメノカミ  根の国に持ち込まれた罪穢れをさすらって失くす
   
このメンバーはホツマツタエのハタレを打つ際、アマテルカミ御出陣の時のメンバーに近いですね。ハヤスサラヒメノカミだけがクマノクスヒと入れ替えでした。大祓祝詞には名がある神々です。
手順を踏まなかったこと、本当に申し訳なく。。。

あわみやの
たねにたまつの
ひおうぎや
ぬばたまあけて
にごころうれな


振り返ると本殿の棟にトンビか鷹か?白い物を咥えて今しもとまったところでした。

もう少しUPで・・・

おしるしをいただけた!?
この後天狗山へ。ここにコンプリート。


こんな感じの石の階段を5分ほど昇ると

和歌の浦です。


雨が来そうだな。
あたふたと


神社玉津島神社(和歌山県和歌山市)
祭神 稚日女尊、息長足姫尊、衣通姫尊、明光浦霊