神社葛木御歳神社の祭神である「御歳神」は一体どなたなのでしょう?
今神社に残る由緒では
大年神右矢印オオトシクラムスビ(ソサノヲの第6子)
大歳御祖神右矢印神大市比売命(ソサノヲの妻)
御年神右矢印大年神の子
若年神右矢印御歳神の子
となっていますが、ホツマツタエではオオトシクラムスビはソサノオとイナタヒメの子として記述があるのみで「オオトシミオヤノカミ」「ミトシガミ」「ワカトシガミ」の名はありません。
ホツマツタエで関連すると思しき神は
オオトシ右矢印オオトシクラムスビ(ソサノヲの第6子)
トシノリカミ右矢印ワカヒメのおくり名
トシノリタマメ右矢印クニトコタチノカミの子でイクラムワタを産んだ
そもそもオオトシクラムスビという名は称え名、役職名ですので、御年神、若年神とは大年神の役職を継いだ神々なのだろうなという事は想像できます。種をまく時期、稲刈りをする時期など、年間のタイムスケジュールを組んだり、吉方位を決めたりする天文や気象庁のような役職だったのでしょうか。そのように考えると、葛木御歳神社の祭神のなかで個人特定できるのはオオトシクラムスビと高照姫という事になります。
オオトシクラムスビさんはカツラギの主、ヒトコトヌシさんの兄にあたります。葛木の地を一族が固めていたという事ですね。オオトシさんの子はオキツヒコとヤマクイで、1人は竈の干支神と称えられニハリ宮に、1人は大津の宮仕えをしており、葛木にはいなかったようです。そこへ、オオナムチ亡き後、津軽から高照姫が叔父であるオオトシの後を継いだ形になったのかもしれません。
オオトシクラムスビが祀る神さまである御年神が子どもであるのは変な話ですよね。
ホツマツタエ22アヤにトシノリカミが生んだ十一神(五クラ六ワタ)と歴を合わせみて「やみこなる」とあります。やみことは
1.ウツロイノカミ
2.シナトベノカミ
3.カグツチノカミ
4.ミズハメノカミ
5.ハニヤスノカミ
6.オオトシカミ
7.スベヤマズミノカミ
8.タツタヒメ
各々が皆名を賜ったとあります。ということは、オオトシカミが祀るべきは「トリノリカミ」なのでは?トシノリカミとはクニトコタチノカミの子であり、あの世にあるワカヒメのことを指します。
ちなみにオオトシクラムスビはワカヒメの甥にあたります。
父ソサノオとワカヒメは晩年には和解し、母にもお琴など伝授している叔母でもあります。
もうひとりの祭神である高照姫にとっては「高照」の贈り主である師匠のワカヒメです。
「御歳神はトシノリカミ(ワカヒメ)」と考えるのがどちらにも自然かと思えますがいかがでしょう。
※しっかりワカヒメのお社がありますけれどもね。右から二番目

神社神大市比売命はソサノオの妻とされている方ですが、父がオオヤマズミノカミというところがちょっと「?」が付くところです。オオヤマズミも役職名のようなので、何代目の子なのかな。ご神徳は素晴らしいようなのですが、お祭りする神社がぐっと少ないのです。イナタ姫にたいして全く知られていません。風土記などに記述があるのかもしれません。
この方もなぞ、ですね。ホツマツタエには名を見つけることができません。
神社葛木御歳神社(奈良県御所市)
祭神 御歳神 大歳神 高照姫