神社関山神社。64番目
仕事先での神社参り。今日は岡崎です。
雨でね~。コンディションが良いとはいえませんが、お昼前に雨が上がってきました。
駅から向かう途中傘をすぼめました。
はてさて、人に聞いたのだとこのあたり・・・
目すぐにみつかりました。


タヂカラオさんと意識してお参りするのは始めてかもです。
ご神徳は勝利。
あのカミをも恐れぬ振る舞いの信長が、齋藤道三攻めの折に岐阜のタヂカラオに勝利を祈り成就したというお話が残っています。

知のカミである父オモイカネと、知性溢れまじないを含む和歌を創作する母のワカヒメの血を受け継いでいるのですから、腕力だけではなく法力も強かったのでは?とも思えます。
岩戸を投げたのですから、ただの力持ちではなく何らかのレバレッジ、「てこ」を使っているのですよ。やはり。まじないを行うワカヒメの手ほどきも受けているはずですからね。
タヂカラオが祀られて(ホツマツタエでは記述がない)1000年以上経ち、戸隠神社は転機を迎えます。
考元天皇5年(前207年)命(みこと)の子孫、阿智族に依り先住の九頭龍神と共に祀られたと伝えています。 また、役行者(えんのぎょうじゃ)が開祖で、 嘉祥2年(849年)学問行者(がくもんぎょうじゃ)が入山し、先住の九頭龍神を山の守護神として岩戸で封じ、戸隠寺を建て自ら別当となったものと伝えられています。
という縁起を持っているようです。元々のカミタヂカラオに神通力があったからこそ、役行者が入山し修験道が盛んになったこととも相通じます。
※阿智族というのはオモイカネの一族のことです。
岩で封じられた九頭竜は、善神となり水の神となった・・・とのことですが。
神さまであってもあらぶる神、荒魂という面を持っているといいます。
災いに見える荒事を為す神です。
たとえばワカヒメにも荒魂があり「小香良洲」社に祀られています。
アマテルカミの荒魂は廣田神社に祀られるとあります。

拝殿にて。光溢れています。
九頭竜が人々を苦しめた時代があったのでしょうか。けれども自分で籠ったと言うのでなく封じられてはやはり、何らかの反動が来そうな気がするのは私だけ?ヤマトタケがイブキドヌシの憤りに対して「封じよう」としたから反動が来たと思えてならないのです。

若宮とありますが、どなたのことでしょうかね。
タヂカラオの子どもさん?については、情報がまるでないので子孫はどうなったかがわからないです。

奥の院があるようなのですが、雨模様でもあり、仕事疲れもあり、足を踏み入れる勇気がありませんでした。
戸隠神社の奥宮に坐しますタヂカラオですから、ここでも奥宮に行かなくてはならなかったような気がしてちょっと後悔しています。そもそもが奥宮で祭事をされていたという事ですし。
神社関山神社(愛知県岡崎市)
祭神 天手力雄命 合祀 須佐之男命、仁徳天皇