神社青衾神社。92番目。
今日は台風の迫る曇りのち晴れのお天気で湿気がたまらない。
ただただ、あづい。だるい。
祭神アメミチヒメはアマテルカミの娘タキコの娘です。父はカグヤマツミで、アメミチヒメのいとこにコノハナサクヤヒメがいます。
アメミチヒメの出生について、先代旧事本紀などでは別の記述になっております。ただ、ホノアカリの妻であることでは一致しています。
青衾神社でもタカクラシタの母として祀られています。ホツマツタエでは叔母に当たる継母ということになります。
いとこ同士のアメミチヒメとコノハナサクヤヒメは2朝時代の二人の君にそれぞれ嫁いだわけですが、アメミチヒメには子ができませんでした。アメミチヒメにだけではなく他のキサキにも子がないので、ひょっとしたら父親原因の不妊かもしれませんね。

愛媛県松山市にもアメミチヒメを祀るお社があります。
國津比古命神社の祭神は天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊。配祀は宇麻志麻治命 物部阿佐利命 誉田別命ということなので、ニギハヤヒのことだと思われます。
お隣の 櫛玉比賣命神社の祭神は 天道姫命で配祀 御炊屋姫命となっています。ニギハヤヒにとってアメミチヒメは義母で、ミカシヤヒメは妻です。
このお宮では「宵の明星」という、國津比古命が階段を降り迎えに来た櫛玉比賣命の神輿で一体となりお忍び渡御をし一願成就を願う行事が残っているそうです。
おもしろいですね。
この行事が物語るのは、アメミチヒメも宇宙の魂だったということを暗示していることです。
昔、ホノアカリは空を飛んでアスカの地に降り立ったのでした。そのホノアカリの死後、ニギハヤヒが養子となってアスカ宮を継ぎますが、重臣のナガスネヒコの身勝手な振る舞いが原因で神武の干渉を受けて宮は潰れます。ホツマツタエではニギハヤヒの子ウマシマチが物部に就くことまでは触れていますが、ニギハヤヒのその後については沈黙しています。
もしかしたら、愛媛に移動したのかもしれません。
アメミチヒメの金星に関連する秘儀によってしのびしのびに祝を行っていたのでしょうか。
神社青衾神社(名古屋市熱田区)
祭神 天道姫命