【質問】アースパンクチャーのメンテナンスについて

ときどきいただくご質問に関してお答えします。
Q 磁場調整を行うためにアースパンクチャーを設置したのですが、その後置きっぱなしでいいのでしょうか?
答 アースパンクチャーは、ジオパシックストレスを現地で綿密に調査し、ストレス中和に効果のある物質あるいはカラーなどを特定しその場で設置して効果測定までします。
効果測定後は、遠隔でも磁場調整のメンテナンスを行うことは可能ですから、定期的にチェックすることをお勧めします。特に新しくパソコンを入れたとか家具の配置を変えたときにはチェックをしましょう。
アースパンクチャーを土中に埋めた場合以外は清潔に保つこともメンテナンスの一つです。
右矢印絵の場合
◎埃をかぶっていたらやわらかいハンディモップなどでふき取りましょう。
◎毎日絵と向き合うことが望ましいです。(自己中和のため)
◎月に一度ストレス中和測定をしましょう。(御自分で測定する方法をお教えします。)
◎月に一度の自己測定をしなかった場合は年に一度中和測定を地相鑑定士に依頼することをお勧めします。
右矢印水晶や金属などを地中に埋めた場合
◎月に一度ストレス中和測定をしましょう。(御自分で測定する方法をお教えします。)
◎月に一度の自己測定をしなかった場合は年に一度中和測定を地相鑑定士に依頼することをお勧めします。
右矢印水晶や金属などを見える場所に設置した場合
◎場所が動いていないかチェックしましょう。
◎場をキレイに保ちましょう。
◎月に一度、水晶や金属を浄化しましょう。(浄化方法をお教えします)割れてしまったり、曲がった場合はすぐに取り替えましょう。
◎月に一度の浄化ができなかった場合は年に一度中和測定を地相鑑定士に依頼することをお勧めします。
右矢印アート神棚(神額)
◎御座所を選定します。(家相調査、地相調査
◎御座所を清掃し清めましょう。
◎息がかからないように注意し神札を神額に納めます。
◎設置日時に祝詞をあげます。
◎設置したら埃を専用のハンディモップなどでふき取ります。毎日神額に向かいましょう。
◎年に一度、元の神札を神社に納め、新たに神札を神額に納めます。
神札の取り扱いにはお作法があります。祝詞も長らく伝わるものが日本にはあります。
ヤマトコトバは、一音一音のコトバの霊が命を吹き込まれるように成り立っていますから、祝詞をあげることによって神霊に働きかけますし、物理的に周波数がかわるのです。
研究で日本人は音を左脳で知覚するということがわかっているそうです。
殆どが音を右脳で知覚しているのに世界中でも珍しい民族だそうです。
音の意味がわかっていたからヲシテ文字を発明できたのでしょう。ヲシテ文字を国の言葉としたイサナキさまの大功績です。
ヤマトのコトバで宣ることを大切にしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする