神社熊野神社(本郷)。154番目
そして、21参りの一回目です。
自分自身の産土神をリサーチしました。
実家には曾祖父の時代から飾ってある大国主とヱビスさまコンビの額が座敷に掛けてあります。
代々、子どもはあの額を見て泣きだすか、嫌がるかです。
私自身、随分長いこと怖い思いをしていました。
祖父にはいつも「えべっさん」のようににこにこしていなさいと説かれたものです。
産土神を調査しようと思い立って実家の事をいろいろ思い出しているうちに、
昨日見た夢から繋がって行った西宮神社のことを思い出しました。
そうか。えべっさんつながりのヒルコヒメは確かに臭うビックリマークと。
地図で調べると、生まれた所から30分以内にヒルコヒメが坐す神社が何社かあって。
ヒルコヒメの鎮座社を軸に何柱か調査を進めてみました。
現在地の近隣にはヒルコヒメ=ワカヒメを祀る香良洲神社が2社あり、一つは熊野神社境内になりますが二つを結ぶ線上に私のオフィスがあります。本籍のある地にも2キロぐらいのところに熊野神社はあります。
生まれた地からもやはり2キロぐらいに坐しますわけですが、当地は「お不動さん」と呼ばれる霊山の麓にあります。中学生の頃友人とその山に入り道に迷って助けられたのがちょうど熊野神社あたりだと思い出されます。
どうやら鎮守さんは西宮系統というよりは熊野系統っぽい。
熊野、特に飛瀧神社では大歓迎され、御熊野を祀る那智の若御子さんの心意気に触れることができて大好きになりましたし。あの瀧は、天から惜しみなく降り注ぐ光の柱そのものです。
憂鬱な雨で始まった一日のガスった心をさわやかに吹き飛ばしてくれました。
祖父の赴任先が和歌山で、父も10歳ぐらいまで紀国で育っていますから、これまでにかの国へは何度も足を運んでいて。ミクマノさんにご縁をいただくには良い環境だったかもしれません。
産土神という視点で初めて近隣を検索し、ヒットしたのがここ本郷熊野神社と言われるミクマノさんでした。初めて発見するお社です。「え・・・」オフィスから2キロの位置で、ひょとしたらこれまで参拝を済ませていた2社よりも近いぐらいなのに気づかなかったのです。しかも、新田熊野神社よりも古く神社としても立派なのですよね。そして、ワカヒメの香良洲神社も坐します。
・・・なぜ、これまで封印してたんだろ。。。狐に鼻をつままれたよう。
とにかく善は急げ。
調べがついて即座に行動しました。

で、本郷のミクマノさん。昨日話題にでた今川義元()の家臣が開いたお社でした。
今川家の秘された家紋「赤鳥紋」。赤鳥の夢を観たのが昨日。そして本郷熊野神社を知り参拝した今日。

祭神は速玉之男命(はやたまのおみこと)生命の祖神・延命長寿の神・家内安全、厄除けの神
   伊邪弉冉命(いざなみのみこと)生命の祖神・延命長寿の神・家内安全、厄除けの神
   事解之男命(ことさかのおみこと)物事を解決する神
とあります。

熊野速玉大社から勧請されています。
二年前に建て替えが行われ、まだ新しく立派です。

車祓いの場を隔てて向かって右に坐します、
香良洲神社。155番目。祭神 稚日女命(わかひるめのみこと) 女性の守護神
ヒルコヒメ(ワカヒルメ)が再びフタカミの子として戻された場所は熊野で、体が弱かったイサナミに代わりヒルコヒメがソサノヲを育てた場所でもあります。
ヒルコヒメこそイサナミの「マシナイ」を後継したのだと思われます。

神職の伴野氏のお話によると、こちらの祭礼が一般向けには女性の厄落としをメインとしているために、氏子以外の一般男性もこの香良洲神社で厄祓いをされるそうです。

香良洲神社は女性の厄を祓うご神徳が強いのですね。
ワカヒメさまはご長寿でしたし、能力も秀でた方でした。
そして大きな大きな理想の成就をも願われる女性であったのです。
是非ともあやかりたいラブラブ!
参考→越木岩神社
日出神社
若宮八幡宮
丹生山神宮寺
玉津島神社
丹生都比売神社
香良洲神社(津市)
神明生田神社
ワカヒメのみちびきを辿る
ワカヒメのみちびきを辿って思う
牛臥神社
麻賀多神社
麻賀多神社2
熊野神社境内社香良洲社
伊奈波神社
多賀社。
祭神 伊邪那岐命(いざなぎのみこと) 生命の祖神・延命長寿の神
   伊邪那美命(いざなみのみこと) 生命の祖神・延命長寿の神
多賀社
参考→尾張多賀神社
楠御前社(くすのみまえしゃ)
竹生神社
十二神社
伊雑宮
津島社。祭神 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと) 疫病除の守護神
津島社
参考→那古野神社
日出神社
洲崎神社
熊野神社(常滑市)
久麻久神社(西尾市八つ面町)
竹生神社
素盞嗚神社・南新宮社・曽志茂利社
豊川進雄神社
新宮社
関山神社
熊野本宮大社
荒太神社
牛臥神社
星宮社
山神社。祭神 大山衹神(おおやまつみのかみ) 農耕・海上交通の守護神
山神社
参考→常石神社
伊奈波神社
尾張多賀神社
熊野神社(常滑市)
久麻久神社(西尾市八つ面町)
御嶽社。祭神 大己貴命(おおなむちのみこと) 病気、災害除の神・福の神
参考→砥鹿神社
飛瀧神社
十二神社境内
御嶽社。祭神 少彦名命(すくなひこなのみこと) 医療・医薬、酒造の神
参考→潮御岬神社
御嶽社
台座の隙間にアリの巣がありました。ここだけです。
御嶽社三社
愛宕社。祭神 軻遇突智命(かぐつちのみこと) 農耕の守護神・防火、鎮火の神
愛宕社
六角屋根のお堂はもしや行者堂では?
神主さんは近くの寺から遷宮したお話を聞かせてくれましたが、どなたかはわからないようです。祓戸の位置にありましたので、真っ先にお参りました。
中には木彫の像がいらっしゃるのです。

の左脇の津島社。

御嶽社の台座にかなり大きなアリの巣がありましたが、ここは加木屋ー成岩断層の真上です。
「かぎやまつり」は本郷熊野神社の神さまが新田熊野神社、宗像神社を巡る渡御の前日に行われます。断層上を神さまが移動し、断層のストレスを解放する役割を無意識にも担っていると思われます。
加木屋のミクマノさん2社に、クマノクスヒさまの名が見られないのはどうにも残念です。
けれども、宗像神社を交えての「かぎやまつり」に、何らかクスヒさんの痕跡が見られるかもしれません。九州の宗像神社は母アヤコの御在所でありクマノクスヒの生まれ故郷なのです。
大きなカラスが割りと近いところでカーカー鳴いています。
つい「お役目ご苦労様です。」と言っていました。
神社本郷熊野神社(愛知県東海市)
祭神 速玉之男命(はやたまのおみこと)
   伊邪弉冉命(いざなみのみこと)
   事解之男命(ことさかのおみこと)
神社香良洲神社(本郷熊野神社境内)
祭神  稚日女命(わかひるめのみこと)