神社蛭子神社。175番目。
今日はお天気がすごく良くて、秋だというのに海に入る人もいるほど。
ここは吉良ワイキキビーチです。木陰にベンチもあり、すごく感じがいい!
さぞかし、夏は込み合うのだろうな。。。

この蛭子岬から、梶島が見えます。
海を背にして階段を上ると鳥居が見えてきます。

奉納旗を左手に参道を行くと拝殿です。

夕方なのに日差しが。。。

この岬にヤマトタケ東征の副将タケイナダネの遺体が流れ着き、山の上の幡豆神社に祀られたのです。

毎年7月の第4土曜日に行われる「宮崎祇園祭」は蛭子社の祭礼として、江戸時代末期から始まったそうです。 蛭子社には漁業関係者が参拝に訪れ、海上安全を祈願するそうです。
海の安全を祈るのですから、祭神はヒルコヒメである可能性が高いと思われます。
ヒルコヒメは遠く筑波から関西の西宮までの道のりを無事に渡りきってきました。
養父カナサキは海の神さまです。
神功皇后の三韓征伐の際には船の安全を守りぬいて、皇后から篤い尊崇を受けています。
ここの場合は「蛭子」はヒルコであって、エビスではないように思いますがどうでしょう。
神社蛭子神社(西尾市吉良町)
祭神 不詳