神社船津神社(愛知県東海市)

神社名称から船が集まる場所、つまりある程度の規模の港だったのかなと思いました。
近くに尾張氏の拠点である氷上姉子神社があります。伊勢湾を介して三重県方面はもとより太平洋側の地域との海路が想像できます。


祭神は建甕槌(たけみかづち)大神、塩土老翁(しおつちのおじのおきな)大神。
ということは、塩田もあったのでしょうね。
神社の西側に名鉄常滑線の線路が走っていますがそのあたりから「後背湿地」と呼ばれる盛り上がった砂浜が南北にひろがり、そこが製塩遺跡だとされています。
祭神参考→塩竃神社(名古屋市八事)
そしてもう一柱は、タケミカヅチ。
タケミカヅチは船の神さまというより軍神のイメージが強いです。様々な船に乗って広い地域で活躍する神さまですから「船津」と名付く神社にお祭りされても別に不思議は無いのですが、深い由緒を感じます。
拝殿の内部の提灯に船津神社の名があり、点灯されてますね。

名和町の民話として東海市のサイトに載せられています。
日本武尊は、大和朝廷の命を受けて、東国遠征の旅に出ました。
波静かな伊勢の海を渡って、知多の海岸に船を着けました。
「ちょうど良いところに松がある。ここに船をつないでおこう。」
日本武尊一行は、縄で船を松の木にしっかりとつなぎとめました。
「縄で船をつないだところだから、ここを『なわ』と名付けようではないか。」
「船をつないだ港は、『船津』としては・・・・・・」
こうして、「名和」と「船津」の地名が生まれました。
応神天皇の時代になって、この地に航海の安全を守る神様がまつられ、社が建てられました。その後、朱雀天皇の時代にさらに社殿も立派になり、「御供田」「土器田」「油田」「番匠田」の四種の社田もたまわりました。この社田は、今でも、「油田」「神田」などの地名となって、昔のなごりをとどめています。
船津神社は、大変ご利益のあるありがたい神様として、人々の信仰を集め、沖を行く船も船津神社の前を通るときは必ず帆を下ろして通りました。また、馬に乗った人も、馬を降りてお参りをしてから通ることになっていました。そうしなかった人には、神罰がてきめんにくだったということです。

ご由緒に上記のような内容が詳しく語られているのですが、主なご神威は「武運」「交通無難」であり、平将門の謀反を治めるため征夷大将軍藤原忠文も祈願したということです。その後国司や地頭の尊崇を集めるようになり、天下泰平、国家安全、五穀豊穣、交通無難を祈願する人が増えたのですね。
昔は、陸地からも海路でも交通の要所であり重要な戦略の地だったことが伺われます。
ホツマツタヱでの最初の登場は、アマテルカミが富士山麓のハラミの宮で政を行っており12人のキサキを整えた頃です。山陰諸国の政に問題が発生していて祖父であるヒタカミのトヨケ神が補強のため治めていたのですが、いよいよ引退し神上がりする時になってミチノク奥義を伝授するためにアマテルカミをミヤズミヤに呼び寄せたのです。トヨケ神亡き後をカンサヒらに託しアマテルカミはハラミノ宮に戻り、遷宮を進めます。遷宮先の場所を決めるために国の絵図が必要でした。
ホツマツタヱ6あや
ひのはやひこに みことのり
なんちくにゑお うつすへし
やまとめくりて みなゑかく

ここに登場するヒノハヤヒコなる人物が後にタケミカヅチと称え名される人だということです。
ヒノハヤヒコはトヨケ神の曾孫にあたりますが、なぜヒノハヤヒコにそのような役割が回ってきたのかホツマツタヱは語っていません。
この時代、人々は日本中を軽やかに移動しています。伊能忠敬のように隅々まで歩きまわったのではないのかもしれません。イワフネ、トリフネなどを駆使し日本地図を作るのも訳なかったのかも。いずれにしてもタケミカヅチが地図を創るほど、地形にも道にも詳しかったことは確かでしょう。だから、交通の神さまなんですね。
祭神についての参考記事→大村神社
稲荷社
拝殿の右奥の稲荷社。倉稲魂神。
階段を上ったところに
津島社
津島社。須佐之男命。
秋葉社
秋葉社。加具突智神。
御嶽社
御嶽社。祭神は大己貴神、少彦名神。
さらに上って
さるたひこ神社
猿田彦神社。祭神は猿田彦神。
その奥に
皇大神宮
皇大神宮。天照皇大神。
境内末社は他にも山神社、玉串社、白龍社、豊受社、神明社、天満宮があったようです。
拝殿の左側を回っての上り階段はちょっと険しいけれども、本殿よりの右から

鷹宮前社
鷹宮前社。祭神は、天鈿女大神、猿田彦大神、相殿・武内宿称。
天鈿女大神については初出かもしれませんね。
女優の祖神のような方として有名ではあります。旦那さんはチワキ神である猿田彦大神です。
源太夫社
源太夫社。祭神は、小止与命、建稲種命、宮簀媛命。
神社船津神社(愛知県東海市)
祭神 建甕槌(たけみかづち)大神、塩土老翁(しおつちのおじのおきな)大神