かごめ今朝は酷い雨でびしょぬれになったが、
お昼過ぎには日が射していた。
だから、気分良くて。



八剱社。
御嶽社。
大宮神社。
いろいろ調べて行くうちに、日本武尊が創建に関わった神社に出くわしていく。
吾妻神社
氷川神社
麻賀多神社もそう。
そして知立神社も。
日本武尊東征後、帰途の折りに各地をめぐって朝廷の威信というか、畏怖というものを今一度民に与える必要があった。神社を作るということは、そう言う事だったのかな、とおぼろげに感じてる。
神社は神さまのネットワークであり、民の鎮守の森であり、大地の周波数や天体ショーを映すミクロコスモスだった。そして、それは朝廷のチカラそのものだった。。。
祀りと政は切り離せない。
晴れさてさて。
いよいよ東京ミッション始まりだ。
仕事合間なので6か月で東京12カ所回れれば良しかな。大体の見通しを付けておきたい。