東京の神社巡り、はじまりました。
限られた時間の中、6か月で12カ所ぐらいは行けるかな?
神社皇居外苑(千代田区)232番目。
昔江戸城だった当地は、風水的にパワーの集まる龍穴であると言われていて、さすがに江戸は長らく平和を保ったお蔭で今に続く様々な庶民文化を育みました。
現在も天皇に日本や地球を守るお祀りをいただく大切な場所です。
雰囲気を味わおうと、東京駅から靖国神社まで半周を歩いてみました。
ひと仕事前の参拝です。時間が早い上に曇っていて、さっむい!

冬枯れの大手門。7時前だというのにこの暗さ。
ランニングマンとケッタマンで一杯。
外苑の道路に各県の花が埋め込まれてる。岐阜県れんげ、静岡県つつじ、愛知県カキツバタ・・・
「ランニングする人だけの道路ではありません。歩行者に注意を払いましょう」的な立て看板
確かに、ランニングラッシュのあの時間に歩いていると肩身が狭いもんね。
「ランニングは時計の反対回り」
警備員が周辺ところどころで警備している。お疲れさんです。
とか、歩いていると色んな発見あるな。

もっと撮ったと思うんだけど、いい写真ない。
今度は南側を歩きながら、裏鬼門をまもる日枝神社かな。
その時はお天気いいと良いけど。