神社八束穂神社(豊川市砥鹿神社境内)249番目。


祭神 天穂日命(あめのほひのみこと)
(素戔嗚命(すさのおのみこと)の御子)
とありますが、古事記などではウケヒの時に天照大御神から生まれた第二子という事ですが、ここではスサノヲの御子となっています。
ホツマツタヱではアマテルカミとモチコの間に生まれた第一御子です。
イズモには、オオナムチのカシマタチの際に使者として派遣されています。
オオナムチが津軽の守となってからイズモの守に収まったのがこのアメノホヒです。
モチコにはイワクがありまして、スサノヲが下民に落ちる原因の一つがモチコ・ハヤコに筑紫のムナカタへ蟄居命令が下されたことに対する反抗とも言える暴挙にありました。
もともとセオリツヒメホノコに対する嫉妬・怨みの念に焼かれていたモチコらは、やはり始終不満を募らせているソサノヲと意気投合し、仲良くしていたのです。
ホツマツタヱでも、モチコの子アメノホヒやハヤコの子タケコ・タキコ・タナコはアマテルカミの御子としていますが、ひょっとしたらひょっとするのかもしれません。
ひょっとしたら、不義の子。。。
そう見れば、こちらにあるソサノヲの御子というのは本当のことになります。
神社荒羽羽気神社(豊川市砥鹿神社境内)250番地。
前回砥鹿神社にお参りした時は、ここをスルーしてしまったので、本日はメインイベントです。

祭神 大己貴命(おおなむちのみこと)荒魂
荒羽羽気神社の神さまについては砥鹿神社里宮(豊川市) 神倉神社(蒲郡市) 竹生神社(新城市) 入見神社(南知多町内海)の記事を参考して下さい。
ところで荒魂とは、新しいモノを産み出す働きです。
ときに大地を揺らし、噴火を起こし、台風を起こし新しい息吹を吹き込みます。

お隣には秋葉社が建っています。
二社の背後にある大木が、雷に打たれたように途中で無くなっています。
本当に落ちたんじゃないかな?
雷といえば、賀茂別雷神社のご祭神ワケイカヅチ=天孫ニニキネが思い起こされます。
ニニキネがワケイカツチと言われるようになった理由が述べられています。
ホツマツタヱ24あや
なるかみお わけてしつむる
かくつちと みつはめおうむ
あおいはと かつらにいせの
みことのり あめはふりてり
まつたきは いかつちわけて
かみおうむ これとこたちの
さらのいつ わけいかつちの
あまきみ
と をしてたまわる

雷は火の神と水の神が合体して起きる災害なんですね。
火は上昇し、水は下降します。
ここに雷が落ちて、天地を通す必要があったのかもしれません。


一之宮では今日も中で祈願中でした。

今年の巨大絵馬。

二之宮
三之宮

ここは立体的な絵馬なんですね。

守見殿と奥宮の遥拝所です。
今日は奥宮も行けそうです。いざ!
神社八束穂神社(豊川市砥鹿神社境内)
祭神 天穂日命(あめのほひのみこと)
神社荒羽羽気神社(豊川市砥鹿神社境内)
祭神 大己貴命(おおなむちのみこと)荒魂