アマノコヤネ(天児屋根命 天児屋命)

 

春日大社に祀られる春日四柱のすべてを担った天児屋根命です。

藤原氏の祖神となっています。

 

アマノコヤネとは、アマテルカミから賜った名です。アマテルカミは、人の成り立ち、受精し妊娠中に出来上がる肉体の事や男女の産み分けなどの神秘をアメミヲヤの意を受けて語り、世継ぎ宣りを、そこで聞く者に授けました。その場に居合わせ、感動したコヤネは詩を奉納しました。それを見たアマテルカミは人の受胎をよくするようにとアメノコヤネと名づけ、父にちなんで春日カミとしたのです。

因みに男女の産み分けを上手に実践したのが同じ場にいたオオナムチの孫コモリです。「子守」ですね。

  久麻久神社(西尾市熊味町) 天児屋根命合祀です。

 

さて、カスガノカミと称え名を授かったアマノコヤネの見識・優秀さを聞き及んだタケミカヅチには男子が無く、ヒトリヒメのみをもうけておりました。この素晴らしい若者はまだ独身だそうだが、入り婿として鹿島を継いではもらえんものだろうか、と考えました。コヤネとフツヌシは叔父甥の仲で親交もあるのでフツヌシに間を取り持ってもらいます。タケミカヅチとフツヌシは関東からはるばる大和は春日まで婿殿のの父であるココトムスビに願い出ます。この婚姻はヒタカミの君オシホミミも喜びました。

   成石神社境内春日社(半田市)

 

その後、タケミカヅチの娘ヒトリヒメは懐妊しますが、なんとか継子が欲しいという思いで、その道に精通するコモリさんの講義をタケミカヅチと共に受けます。それが「ミタネフミ」というもので、もともとはアマノコヤネから教わったものであり、実践して見せたのがコモリだったのです。男女の産み分けや妊娠中の子の成長ぶりが話されています。また、子種を絶やす諸々の理由も述べられ、今に伝わる岩田帯を時のアマカミオシホミミから賜り受けたのがタケミカヅチ建立のイキスの宮でした。

  成岩神社(半田市) 

 

その後、後継者の無いフツヌシの香取の道、タケミカヅチの鹿島の道やイキスの奥義もすべてアマノコヤネに引き継がれました。父カスガトノからタマガエシの奥義も受け取り、4方の祀りをアメノコヤネは受け継いだのです。

 

十種宝を受けたアスカ宮に仕えるも、すぐに宮移しをしようとするホノアカリを諌めるクシヒコ(コモリの父)と同様の立場をとり一旦は落ちます。

そのあと、ニニキネが三種宝を受けて八州巡りに出る際には臣としてクシヒコと共に復帰しました。その後アマカミ三代にわたりカガミ臣として仕えるのです。

 

関東の北から大和まで、広い範囲で祀りを引き継いだ稀有な才能と、4家ともが信頼する高潔な人格をお持ちだったのですね。しかも、どの祀りも現在まで立派に引き継がれています。

子孫繁栄、家門栄達のご神徳、すばらしいです。