子孫繁栄の花を咲かせる神様

コノハナサクヤヒメ(木花咲耶媛命 神阿多都比売 葦津姫)

イミナはアシツヒメといいます。オオヤマツミノカミの二女で、姉はイワナガヒメです。

夫は天孫ニニキネであります。オオヤマツミが妹のアシツヒメを献上したあと、その妻が「姉もいます」ということでイワナガヒメを進めたところ、イワナガヒメは「みめあしく」とされ、ニニキネに嫌われてしました。

このイワナガヒメ。かの八俣の大蛇なるハヤコの生まれ変わりだったのです。

心の形がそのまま見目となって出るということなのでしょうか。

天孫ニニキネとの出会い

天孫ニニキネは新田開発を全国的に進めることをアマテルカミに許され、三種宝を拝受して八州巡りが始まります。まずはアスカ宮のホノアカリを訪ねます。そのあと西宮からマナヰで幣を収め、コエネノクニへ行きココリヒメと歓談します。その時にニニキネが「コシクニ」とその地を名づけられました。その後建国の地タカシマに行きます。新田開発を進めながらウカワに差し掛かり、猿田彦と出会います。猿田彦は正しい道を教える神様です。そのあとタガに参り美濃に向かいます。そこでカナヤマヒコの息子アマクニタマに歓待を受けます。それから信濃諏訪へ。そのあと富士山に行き、富士八湖の整備にあたらせます。富士山にもあわうみ(琵琶湖)の土を上げて並びなき名山となりました。そして、アマテルカミが伊勢に遷都する前の宮サカオリ宮に入られ、そこをお守りしていたオオヤマツミの娘であったアシツヒメは天孫ニニキネとの出会いを果たすのです。

 尾張多賀神社境内(常滑市)

伊勢への結婚報告顛末

八州巡りは成功し、ニニキネは茨城のニハリ宮に戻られ正式に三種宝を奉納し祀られました。その後、臣下のコモリは青森から越し国・佐渡をめぐり新田開発に励み、アマノコヤネはニハリ宮を任せ、ニニキネは伊勢に参ります。その途上熱海でオオヤマツミがまたまた歓待します。その折にアシツヒメ懐妊のことを聞き及び、その報告のためにアシツヒメも同行します。ルンルンの新婚旅行でした。けれどもアシツヒメの母タキコ(宗像三女神の一柱)はもう一人の娘、アシツヒメの姉であるイワナガヒメも、とニニキネにすすめたのでした。しかしニニキネの気にいらずアシツヒメのみを召しました。アシツヒメに嫉妬したイワナガヒメは「実はアシツヒメに宿った子はニニキネの子ではない」というでっち上げをニニキネの召使いから耳に入るよう仕向けたのです。ニニキネはさもありなんと、三重県の白子にアシツヒメを置き去りにします。悲嘆にくれたアシツヒメは曾祖父サクラウチがアマテルカミに献上した桜の木をそこに植えます。もし、仇種ならば桜の花は咲かないでしょう。真種ならば見事に花を咲かせるでしょう。

そして、里のサカオリ宮に帰り三人の男の子を生み落としました。同時に白子の桜が花を咲かせたということです。

  伊久智神社(東浦町)

うけひに三男を生む

子を産むときにアシツヒメはハラミ山(富士山)の麓に出口のないムロヤを建てさせそこに籠り火を掛けさせます。もし、仇種ねならば子もろともに朽ち果てるのみ。

富士山麓のコノシロイケに住むタツタメが駆けつけて火を消し、アシツヒメと三人の皇子は無事に生まれることができました。

ニニキネは、アシツヒメを讃え、白子の桜にちなんでコノハナサクヤヒメとおくり名したのでした。

IMG_20160401_154235849.jpg

  大宮浅間神社(犬山市)

コノハナサクヤヒメがニニキネとの3人の息子を生まなかったら、日本はどうなっていたのでしょう、と想像してみます。夫ニニキネは才能豊かでその時代日本の人口が大きく増えたといわれ、初代クニトコタチの偉業をも超えるほど逸なる人物だったのでしたが、アスカ宮の弟です。アスカ宮も継子がないために苦労をしたわけですが、ニニキネには将来有望な息子があったからこそ皇統がつながったともいえます。産屋に火を放つというサクヤヒメの暴挙とも思える行動も日本の国体をまもるという意味ならば理解できます。自らの命をかけて国を守ったのです。コノハナサクヤヒメは日本の象徴でもある富士山をまもる大きなお働きの神様です。

子安、育児、安産の神様として子孫繁栄をとおして国家安泰を祈る神なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする