ノアが漂着した地へ。原爆追悼式典

★神社は地下ストレスを中和するアースパンクチャー

土地と家の【ジオパシックストレス無料メール診断】

家の地下にある活断層や水脈からの周波数がストレスになっているかもしれません

教会 旧約聖書「ノアの箱舟」で知られるノアが漂着した地への誘いを受けて始めてアルメニアという国へ足を踏み入れました。

※写真は同行者撮影のものも含まれています。

ご提供いただきましたことをこの場をお借りして感謝申し上げます。

到着の翌朝一番に向かったのはひかり文化センターが主催する原爆追悼式典を行う公園です。今日は現地で8月6日。広島に原爆が落とされた日です。

駐アルメニア日本大使や市長なども参列する式典との事でしたから、当然室内だろうと勝手に思い込んでいました。マリオットホテルの裏手にある公園に原爆跡地の敷石を立てた碑が立っていまして、碑を囲んで行われました。

現地には日本語を学ぶ子どもたちもいます。

白い木に赤い鶴と祈りの短冊を日本語とアルメニア語でつづった俳句が掛けられます。

アルメニアの始祖ハイ族の族長の名がハイク・ナハペトというらしく、アルメニアはハイクの国

と呼ぶらしいのです。ハイクと俳句。

私たちの一行もそれぞれ俳句を二三つくりました。

この式典はまだ始まったばかりらしいのですが、末永く続くことを祈ります。

日本からやってきた人たちも俳句をささげます。

現地TVやカメラマンが多数来ています。

今カメラを向けられているのがアルメニア日本大使です。

メンバーの女子三名は浴衣で参加しました。

カメラマンだかりができていましたよ。

式典が終わりランチのお店にいます。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. sora より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ひさださんからはものすごく良い影響をうけてます!!
    このブログに出会えて本当に良かったです。
    いつも尊敬してます!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >soraさん コメントありがとうございます^^
    励みになります☆