教会 旧約聖書「ノアの箱舟」で知られるノアが漂着した地への誘いを受けて始めてアルメニアという国へ足を踏み入れました。

※写真は同行者撮影のものも時々含まれています。

ご提供いただきましたことをこの場をお借りして感謝申し上げます。

 

 

ホテルの窓から、朝見た建物は歴史博物館だったのですね。

 

館内は撮影禁止です。しかも弾丸ツアーゆえ、ゆっくりも見ていなくて何があったのか、、、

アルメニアが最大版図を誇っていたころの地図です。

 

古文書図書館のほうでアルメニア人は創造力が豊かだなということを感じましたが、どうやらよその国を侵略する思想は過去にもついぞなかったということでした。

大陸の中で周囲のペルシャやローマ、あるいはオスマントルコに再三にわたり侵略される歴史であったそうです。独立運動を起こした際に200万人にも及ぶ市民が虐殺されたといいます。

 

三日目に行くことになっている世界最古のワイナリーで発掘された革の靴も展示されていました。BC3000年の物だそうです。日本の三内丸山遺跡よりも少し新しいものです。

三内丸山遺跡の中に展示されている当時の暮らしの中でも同じように革の靴をはいています。

 

アルメニアの土偶もたくさん展示されています。同時代にアルメニアと日本に同じような技術が発展していたということですね。
 

★神社は地下ストレスを中和するアースパンクチャー

土地と家の【ジオパシックストレス無料メール診断】

家の地下にある活断層や水脈からの周波数がストレスになっているかもしれません