ノアが漂着した地へ。カスケード高台

 教会​旧約聖書「ノアの箱舟」で知られるノアが漂着した地への誘いを受けて始めてアルメニアという国へ足を踏み入れました。

※写真は同行者撮影のものも含まれています。

ご提供いただきましたことをこの場をお借りして感謝申し上げます。

夕方に差し掛かり、高台のある公園にやってきました。

この像は、ソ連統治時代にこのあたりの街並みを都市計画した建築家だそうです。

公園にはもてぷよな感じの像や動物などのオブジェがたくさん並んでいました。

え。

まさか、まさか、疲れ果てた今からここを?

いったい何段あるんだ???

心配は杞憂にすぎませんでした。

中もオブジェがいっぱい!

ここが現在のところ最上階です。

上はまだ工事中みたいですね。

夕方。これから街が目覚める時間です。

恋人たちの憩いの場のようですね。きっと夜景がきれいなんでしょう。

エレバンの街を見渡す。


さて、ここからホテルに戻りグルジェフの講義を受けます。
スケジュールを全部把握してなかったけれど、まじ、弾丸ツアーだ叫び
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする