ノアが漂着した地から、世界最古の天文台へ

教会 旧約聖書「ノアの箱舟」で知られるノアが漂着した地への誘いを受けて始めてアルメニアという国へ足を踏み入れ三日目の行程はアクシデント共に終了しました。

※写真は同行者撮影のものも含まれています。

ご提供いただきましたことをこの場をお借りして感謝申し上げます。

ノラヴァンク修道院から、バスは一路世界最古6500年前の天文台へと向かいました。

縄文ツアーでの大湯ストーンサークルもかなりのパワースポットでしたが、

ここは世界最古ということですから、ちょっと特別です。

全体的にぼーっと過ごした中でももっとも楽しみにしていた場所かもしれません。

ですから、旅の最後まで「終わり」に向かう寂しさはありませんでした。

実は三日目のこのバスにもゲストが乗り込んでいました。

アルミネさんは政府要人も観る占い師さんです。

その人のエネルギーの方向性や健康のことをなどを見るのが得意だとおっしゃいました。

ツアー参加者全員のみたてをしてもらえるそうで、ラッキー音譜

身体に触れて、「血がイイ」「90か所ぐらい流れの悪いところがある」などといわれたという人もいれば、家族のことを言われたという人、過去世のことを言われた人もいたり。

2000年ぐらい前にローマ人で、墓がガルニ神殿近くにあると入れた人もいたっけ。

バスの中で「治療」が始まってしまった人もいました。

で、私は「9月10月に決めたことは間違える。11月に決めなさい」

ということをいわれました。身体をスキャンされることもなく、前世のことをいわれることもありませんでした。

ここ、アレニワイナリーでワインのテイスティングをしました。

2001年が当たり年だということだったので、2001年ものを夫のお土産に。


ワインだけじゃなく、チェリーやザクロ、桃のワインもテイスティングしました。

そしていよいよストーンサークルに向かいます。

ワインディングロードではないと聞いていましたが、

やはり長時間は大変です。

やっと着いた、と思いきや、バスが停車したまま私たちは降ろされません。

車窓から、ドライブインでしょうか。

トイレ休憩、ということになったのはいいけれども、

穴の周囲をトタンで囲ってあるだけの簡易すぎるトイレ。

しかも、風がハンパない。

ストーンサークルへ向かう道が

なんと工事中でバスが乗り入れられないという。

歩けば30分の道のりだ、ということでスタッフで協議することになった。

あまりにもひどいトイレに行列していたが、近くのレストランのトイレが借りられるということでバスで向かいました。

ちょっと気がゆるむと飛ばされそうなくらいの風。

風の「浄化」のようです。

ここも外トイレで、トイレ掃除のおばさんにチップが必要なようです。

しかし、ドアノブが壊れているショック!

なかから叫び声。

トイレから出て風の中バスに向かうと「天文台、行くのやめるんだって」

と聞きました。

歩けば、往復で1時間、2時間は必要です。

本日深夜の飛行機に乗り遅れる可能性が考えられます。

断腸の思いで中止となったとのこと。

というわけで結局世界最古のストーンサークルへはいけませんでした。

最後のご挨拶をアルミネさんがされました。

今日のような楽しく満足する仕事は本当に久しぶりです。
皆さんそれぞれに特徴があり、それぞれにエネルギーが高いです。
一人一人がマジシャンとして活躍できます。
私が18年間この仕事をしていて、今日感動したのは、この中に悪いエネルギーを持つ人が一人もいないことです。
一部の人が人生を変えたい段階ですが、それはみんなにやさしい変化につながります。
今日どうして天文台に行けなかったのか。それはエネルギーの強い人が30数人もいるので、ストーンサークルがそれを拒否した。入れてもらえなかったのです。
エネルギーの強い人がこのようなバスで、団体で現れてはいけないのです。
今アルメニアはとても不安定な状況です。
一度にこのような人数で現れるのはいけなかった。

天文台はとても強いエネルギーの塊だからです。
皆さんに健康、愛、優しさを祈っています。
既に愛はあります。それを増やしてください。
皆さんのことを愛しています。
 K氏、書き起こしありがとうございます。

ツアーの最後にツアーの中心人物からのお話がありました。

それによりますと、ストーンヘンジが本来は自分の中にあるものだということを教えていただきました。

そんなこんなで旅行の最終行程を終えて帰路につきました。

帰りのバスは5時間も掛ったですが、窓から見える景色を思う存分楽しみました。

IMG_20160812_234933829.jpg








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする