「家事に私、向いていないのよ~。」
何度か友人にそう漏らした私です。

結婚当初は2時間ぐらいかけて食事を用意し、疲労困憊していました。
家族が散らかしたものを片付け、夕食後の後始末を後回しにして子どもをお風呂に入れ寝かしつける。夕方の家はさながら主婦の戦場です。

子どもが眠るまでのタイトな時間割の中、夫がふいに遅くなったり、つくった後に夕飯食べないとか言ったりしようものなら怒り心頭です。

 

家って癒しの場?

主婦にとって家は仕事場です。
たぶん、”手伝う”感覚の夫の立場では家を仕事場だという認識はないでしょうね。でも、家族の散らかした本、子どもが散らかした食べ物、脱ぎっぱなしの洋服を集めてすべての後始末をやり終えるまで家は主婦にとって仕事場なんです。

外で仕事をし、家でも仕事をする。そして感謝もされなければ対価もない。
「仕事って言わないで。それは、愛する証でしょ。」
実際、夫にそういわれたこともあります。

仕事から帰ってきてくつろげないのは嫌だな。
うん。そうそう。誰しもそう思いますよね。主婦であっても同じ。
仕事で男と同じ土俵で戦って帰ったらくつろぎたい。

 

癒されたいけど、癒されない。癒しどころか、
家はストレスでしかないと思っている妻がいる家は、
家族も同じようにストレスを感じているんだと思う。

家を仕事場として認めてしまう

家事を代行する仕事は急速に増えています。
家事も技術ですから、快適に暮らすために家事に対してお金を払う人は多いのです。

わたしは住宅関連サービスの中で、家の不浄を追い祓う家事代行を請け負っていますが、主婦がやる家事の基本的なところを請け負うとしたら・・・ということで金額に換算してみました。

(二日に一度)
キッチン・お風呂・洗面所・トイレ
1室+リビングダイニング の通常お掃除・・・2時間×15日=30時間
(毎日)
洗濯干し・取り込み
昼・夜の食事作り・・・2時間×30日=60時間
合計90時間×3000円=270,000円
家族4人暮らしで自分の分を差し引いても202,500円ということになります。

高度成長時代のモーレツサラリーマンは給料を全額「山の神(奥さんのことですよ)」に渡していました。家のことをすべて取り仕切る主婦である「山の神」が決裁権を持っていたので、夫の支払い能力の範囲で家事も教育費もすべてやりくりしたのです。お父さんが外で働き、お母さんが家の仕事をするという分業するシステムは、互いに労り感謝の気持ちがあって成立してきたのだと思います。

けれどもそのシステムが機能しなくなりました。

自分のこづかいは自分で稼げといわれ

家の中にいる主婦って尊敬されないんですよね。家族に。
感謝もされない。としたら、自己評価が低くなり、もっと認められる自分になろうと思うのが普通です。社会に出て行って家に主婦がいなくなるのは時間の問題だったわけです。

夫の給料だけで家計が維持できなくなったともいわれていますが、消費させるためには妻にも働いてもらって家庭年収を一家総出で上げていこうという、それもまた経済政策の一つです。

自分で稼いだお金を思い通りに使いたいという夫に、自分の小遣いは自分で稼ぎたいという妻。

それでも家の仕事は主婦の仕事でしょう、という空気は残り続けているので妻は思うのです。家事をやりたくない。家事が待っている家に帰りたくない。

家事の待っている家に帰りたくない時のレシピ

家族レシピのポイントは三つです。

1.おそうじ

2.お料理

3.ことばかけ

このケースで有効なのは1.おそうじ です。お掃除を自分でするのではなく、思い切って家事代行に依頼することをお勧めします。探せば二時間5,000円ぐらいでサービスを受けられます。たった一回でもいいので5,000円払って基本家事をどうやって行うかを盗み取るんです。お部屋がきれいになる上に家事が学べるんです。

家事代行で家に来た人がどんなお掃除グッズを使っているか、どんなお掃除の仕方をするか、どんな手順で?など、わからないことは直接聞けますし。ぜひ、たった一回でいいのでお試しあれ。

 

家事って家族には当たり前に思われますが代行で伺った先には必ず「キレイにしてくれてありがとう」という言葉をかけられます。

家事代行に来てくれた方はあなたの分身です。自分自身への「ありがとう」
ぜひ体験してみてください。

家事代行の賢い使い方

家事代行サービスを賢く使っている方は多いです。
例えば、新米主婦。
プロの家事方法やプロが使う道具を参考にすることがきます。
代行に来てもらうと無理のないお掃除手法が学べます。

ある人は家事代行がやってくる日は自分も「お掃除の日」と決めています。
あらかじめやれる部分を済ませておき、いつもは手の届かない部分、
家具を移動させた奥とか、床の拭き掃除とかを家事代行でやってもらい分業するのです。自分がお掃除するモチベーションになりますし、キレイを維持する秘訣をつかめたりもします。

そうすると二週間に一回の家事代行でも1カ月、普段家事を楽にすることができます。このやり方は「本来は自分がやるべきことをさぼっている」という罪悪感を消し去る効果もあります。

サボるんじゃなく、自分の家事を手伝ってもらうんです。

散らかった家に帰りたくないのは、それが醸し出す「気」だったりもします。
汚れたゴミは確実に人に害を及ぼす周波数を発しています。

「気」が淀んでモヤモヤした家には帰りたくないのもわかります。
疲れて帰るのだからなおさらです。

仕事面でも金銭面でも成功しているママは「汚れたものは寄せ付けたくない」気持ちが強くて、家事代行に依頼するのも常に家を汚したくないからなんです。

愛知県のJさんのお話

帰りたくない本当の理由は?

混乱したまま家に帰り、訳が分からず怒鳴りちらす。
自己嫌悪に陥るのがきつくて帰りたくない負の連鎖です。

散らかった家が問題なのか。
協力的でない家族が原因なのか。
それとも体調が悪いからモヤモヤするのか。
”自分の居場所じゃない”と感じているからなのか。

ああ。

最後のはきついですね。

キツイけども、それは生きていたら誰もが一度は感じることだと思ってください。

だって、人間、生きているこの時間は、永遠の自分にとってはほんの一部。

永遠の自分は、飽きるほど生き通しです。

時間をもっている今は目の前の現実にこそ真実があります。

「もう嫌だな。」「別の経験がしたいな。」と思ったとしても、

今の経験を卒業しない限り、飽きるほどこの経験を繰り返します。

だから、逃げても逃げられない。腹をくくっていくしかない。だから、

真正面から今の感情、今の環境に取り組むのです。まずは、

心の中を整理整頓する必要があります。その場合には、

あなたの心モヤモヤを一度吹き飛ばすことをお勧めします。
まず、心を平静にする。そんなときには、神社浴をおススメします。

3ステップ応援 ♪いつもありがとう!
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下順位が出たらそれをクリック!(ちょっとタイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪♪ありがとうございます!!
↓↓↓