家事の待っている家に帰りたくない時のレシピ

家族レシピのポイントは三つです。

1.おそうじ

2.お料理

3.ことばかけ

このケースで有効なのは1.おそうじ です。お掃除を自分でするのではなく、思い切って家事代行に依頼することをお勧めします。探せば二時間5,000円ぐらいでサービスを受けられます。たった一回でもいいので5,000円払って基本家事をどうやって行うかを盗み取るんです。お部屋がきれいになる上に家事が学べるんです。

家事代行で家に来た人がどんなお掃除グッズを使っているか、どんなお掃除の仕方をするか、どんな手順で?など、わからないことは直接聞けますし。ぜひ、たった一回でいいのでお試しあれ。

 

家事って家族には当たり前に思われますが代行で伺った先には必ず「キレイにしてくれてありがとう」という言葉をかけられます。

家事代行に来てくれた方はあなたの分身です。自分自身への「ありがとう」
ぜひ体験してみてください。

家に帰りたくない、を止める家事代行の賢い使い方

家事代行サービスを賢く使っている方は多いです。
例えば、新米主婦。
プロの家事方法やプロが使う道具を参考にすることがきます。
代行に来てもらうと無理のないお掃除手法が学べます。

ある人は家事代行がやってくる日は自分も「お掃除の日」と決めています。
あらかじめやれる部分を済ませておき、いつもは手の届かない部分、
家具を移動させた奥とか、床の拭き掃除とかを家事代行でやってもらい分業するのです。自分がお掃除するモチベーションになりますし、キレイを維持する秘訣をつかめたりもします。

そうすると二週間に一回の家事代行でも1カ月、普段家事を楽にすることができます。このやり方は「本来は自分がやるべきことをさぼっている」という罪悪感を消し去る効果もあります。

サボるんじゃなく、自分の家事を手伝ってもらうんです。