自由時間をつくる家事のやり方と家事をする時

「自分は家事に向いていない。」
と思う理由は二つ。

①家事より仕事のほうが好き。同じ時間をかけるなら仕事をやるわ。
②一生懸命にやるのに腕が上がらない。時間がかかって終わらない。

①は家事に無関心、②は知識や技術がないためです。
今日は②のほうの問題を考えてみましょう。

自由時間をつくるためには家事時間の短縮は絶対条件です。
家事の質を落とすと別なところで面倒なことになるので、家事の質を落とさず、時間短縮することが大事なポイントです。

お元気ですか♪
家族づくり家づくり建築士 久田貴子です!

家事の品質

家事は家族が大輪の花を咲かせるための畑を耕すことです。
何のために家事をするの?

そこを怠ると家族の中にいろんなゴタゴタが起きてきます。
ゴタゴタする周波数を追い払うのが祓い家事です。

私は「祓い家事」「むすび家事」をお勧めしていますが、家事の品質とは「祓い」ができているか、「むすび」ができているかということになります。

時短の祓い家事

片付け・おそうじ・洗濯は手順と道具で時短が可能です。
これまで汚れをため込んでいたならば、一度集中お掃除が必要ですが、一度きれいにしておけば後は、トイレの棚からタオル掛けや、タンク、便器、床拭きなど全部やっても10分とかかりません。

お風呂も入浴の最後に壁、浴槽、カランなど、床を掃除するだけならばモノの5分~10分です。拭き上げまでしておくとカビなどの心配がぐっと減ります。

洗面所も自分が一にの最後に使った後にさっと済ませればそれほど汚れません。そうした水回りは毎日行うのが時短のコツです。トイレ、キッチン、お風呂と隙間時間、ついでにやればあっという間です。面倒くさいと考える前に体を動かします。

家事の”面倒くさい”を祓う!

考えるのは無駄です。
考える隙を自分に与えないことって結構大事なんです。

私自身が沈思黙考タイプなのではっきり言えることですが、考えて整理したところで大した成果は上がらないものです。机上で計画を練っても体を動かしてなんぼ!なんですよ。家事に限らず。

家事は単純作業です。だからこそ考えることなく体を動かしましょう。
むしろ、家事をやりながら考えることはいくらでもできます。朝起きて顔を洗いついでに洗面所を拭きあげる。その合間に一日のスケジュールを反芻しておく。

たったそれだけのことが一日をどれほど有用に過ごせるかの分かれ目になります。人は一日60,000個のことを考えるといいますがそのほとんどは無駄な思考です。下手をすれば考えた結果鬱になり最悪の事態を招くことだってあるのです。

思いにも周波数があります。人にとって良い周波数もあれば悪いものもあることは、何もその場の周波数だけに言えることではありません。自分自身が主な発生源であることを知ってください。

掃除が面倒くさい・・・そういう思いが出たらパン!パン!と両手を打って祓い除けて動きましょう。

家事をしながら頭は自由

家事はお料理以外はほとんどが単純作業なので、やり方とやる時さえ決めてしまえば家事をやっている時間そのものが実は自由時間になります。ぐちゃぐちゃしたことを考えたいときこそ、私は掃除をしたりします。

洗濯ものはお天道様のご機嫌次第でもありますが、気分転換のタイミングで行いますし、洗濯物をたたんだりアイロンをかけるのはテレビを見ながらします。

家事のやり方とやる時の決め方

やり方は追々ブログにもUPしていきます。
ここではやる時を決めていきます。

まずは日常家事の種類を上げていきます。
玄関片付け・掃除
窓・ベランダ・庭掃除
廊下階段片付け・掃除
リビング・ダイニング片付け・掃除
キッチン片付け・掃除
浴室・洗面所の掃除
トイレの掃除
毎日の洗濯干し・取り込みたたみ・収納
アイロンがけ
しみ抜き
ボタンや裾のほつれなど繕い物
炊事・後片付け
食事の世話
買い物
植物・動物の世話
※これ以外にもあればリストップしてくださいね。

使用ついでに片付け(各自)

玄関の靴は、靴の所定の場所を決めて置き脱いだその場で、脱いだ人が片付けます。もしそれができない場合はせめて揃えて置くことをルールにしていきます。

カバンや外着は、所定の場所に持ち帰った本人が置きます。

いろいろな物の収納は家族のだれにもわかるように決まった定位置に置きます。使用した人が使用後すぐに所定の位置に戻します。こういったことは習慣ですから定着するための工夫が必要です。

洋服の洗い物は脱いだその人が洗濯カゴに入れます。食事を終えた食器は各自が洗って水切りカゴに一時置きます。食洗器に入れるのは全部がそろってからです。

たたんだ洗濯物は、所定の位置から各自がタンスに収納します。

使用ついでにおそうじ(各自)

洗面所・トイレに関しては、使用後汚れた場合にはその場で落としておくことをルール化できます。一日の最後か朝に使用した「トイレ担当者」が全体掃除をついでにします。ものの5分です。

各自の机、ベッド、部屋があればそれぞれ使った後に片付け、ベッドメイキングをできます。部屋の掃除は普段使いであれば週一でも大丈夫でしょう。

担当者が毎日する

玄関・リビング・ダイニング・脱衣室など内部の家族共用部屋のはき掃除はペーパーモップなどで大丈夫なので毎日行います。髪の毛など結構落ちるものです。ペットがいればなおさらです。これは単純作業ですから、考え事をしたいときやイヤホンで電話をしながらでも可能です。

洗濯干し・たたみ・アイロンがけは溜めないように行います。ベランダやサンルームがあれば夜のうちに干して翌日取り込むことも可能です。テレビを見ながら、電話をしながらでもOKです。

しみ抜きや繕い物も面倒な気がしますが、しみ抜きはとにかくスピード勝負ですから汚したその場から取り掛かることが大事です。繕い物はアイロンがけを行うときについでにやってしまいます。

植物・動物・幼児や介護の食事の世話は担当者が楽しく任務を全うできるよう工夫をしましょう。※炊事は「むすび家事」として別の機会に譲ります。

以上を参考にして、あなたのご家庭の家事全体を見直してみてくださいね!
これで1時間は自分時間をつくれます。

整理収納も祓い家事もむすび家事もすべて、貴女が自由になるための大切なレッスンです♪
↓↓↓ よろしかったらポチっとね♪♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村
↓↓↓ こちらもよろしく♪♪

ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする