「いそのみや=日本の家」としたい。
二者対立のないいそのみや
あらゆる罪を祓い「ゼロ磁場」をつくるいそのみや
支配することも支配されることもないいそのみや
神々と暮らすいそのみや
日本の宝物を蔵するいそのみや

日本の家に「いそのみや」を取り戻すことを目的として、
様々な側面から「いそのみや」研究を深めます。

こんにちは♪
ニッポンいそのみや化計画を推進する建築士久田貴子です!

いそのみや研究




ホツマツタヱに見る「いそのみや」の記述
・ホツマツタヱに記述がある「いそのみや」を切り抜きます
現代に残る「いそのみや」
・どの神社が「いそのみや」にあたるか、可能性のある神社を探訪します
大国主命がつくった宮の造営法の内容
・大国主命が宮造営法をつくったのは天孫の宮造営の時でした
考古学的縄文の家づくり
・三内丸山遺跡など、考古学的な発掘でわかった当時の生活について
古代ギリシャの「イソノミア」の記述
・ハンナアーレント、ヘロドトスの語った「イソノミヤ」を切り抜きます
シュタイナーの建築思考
・いくつかの建築物にシュタイナーの人智学的思想が現れています
白川伯家神道・言霊学における「イソノミヤ」
・日本の宮中祭祀を江戸時代まで務めた家であり、言霊学の正当な伝承者にして最先端 技術による和の成功法則を追求するロゴシストの新世界創造理論

当面の研究項目を上記として進めていきます。
主に「形」の研究から入りますので追々「中身」についての課題が増えてくるかとは思います。

まずは、ホツマツタヱの記述を抜き出していきます。

 

3ステップ応援 ♪うれしいです!
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下順位が出たらそれをクリック!(ちょっとタイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪♪ありがとうございます!!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ その他生活情報へ
にほんブログ村