自由を求める「ミニマリスト」33の特徴

司馬遼太郎さんの短編に『女は遊べ物語』というのがありまして。
去年ドラマにもなっているみたいですね。
「戦国亭主操縦法」というサブタイトルがついています。

司馬遼太郎にはまっていた独身時代に読んだのですが、なるほど
そうなのか、あれは「おんなの戦術だったんだ!」と思った次第。

こんにちは!
むすぶ家建築士久田貴子です。

断捨離してミニマルに暮らす意味

戦国時代という激動の時代は、なんだかワクワクします。
ぬるっとして、上気し、もやもやと立ち上る蒸さくるしいバブルのさなかにいた私は
なんだかわからないこの「もや」に倦んでいました。

この「もや」を祓いたい!切り裂きたい!
という心の倦みを戦国の物語はちょっとだけ晴らしてくれたんです。

女は物欲があり、遊び好きであり男はしっかり戦場で人を切り捨てる。
その論功行賞で禄が増え、城が大きくなり女房様の着物が増える。それがよいのだ、
とその短編は言っていました。

(画像出展:大福屋)

けど、今はいろんなものが「足りない」あのころではなくて、
色々なものの中から不必要なものを捨てて軽く、軽~くなっていく時代です。
それでよいのだ、という「もや」を祓って軽くなり、自由を得るのです。

閉じ込められたこの世界

設計事務所に勤め始めたとき、気づいたことがあります。
設計図を、パースを、確認申請書類をと仕上げなければならない期限が
工程の中で決められていて、私たち所員は徹夜をしてでもそれを期限内に仕上げます。

しかし、あれだけ頑張って徹夜した翌日、
施主の都合で打ち合わせが延期になるということがちょくちょくありました。

期限に縛られ、施主の予定に縛られ、所長の都合に縛られたのに、
「期限」も「施主」も「所長」も不動のものではない。不確かなもののために所員みんなが振り回されて時間を取られ縛られる。不確かな価値のために目の前の「仕事」が出来上がっている。
「仕事ってこういうことなんだ。」
徹夜して命を削っても、それはゲームの「意味のない一場面」にすぎない。

時間をかけるということは毎日、毎秒ごと命を削っていくことなんです。
閉じ込められた世界の意味のない時間を重ねていくなんて、ちょっと無理でしょう?
確かなものを生きるために自由でいたいのです。

非日常を求める女たち

仕事や家庭生活等の日常生活から離れ、自分だけの時間や人間関係に浸ることで自分を見つめなおしたい。」

就職したてのあの気づきの時から、30年以上リトリートする様々な試行錯誤をしてきました。そして、”確かなもののために生きる自由”を味わう「リトリート時代」をくぐってここに来ました。

でね。
私たちの子どもの世代はもろ「ゆとり世代」なのですよ。「りとり世代」がリトリートを強く求めた結果、それまでの社会常識が崩壊を始めました。「この社会、この常識、この仕事おかしいでしょ」って気づいてしまったからです。そしてゆとり世代が仕事をしやすいように基盤づくりをするのです。

いつだって、前の世代は次世代の基盤になります。

自由をもとめるミニマルな「リトリスト」33の特徴。貴女はいくつ当てはまる?

リトリストをサポートしたい当ブログでは、リトリストが自分だけの時間を持つために、仕事や家庭生活等の日常生活から離れるための「家族づくり」や「家づくり」を発信しています。まずは、あなた自身がリトリストでしょうか?半分以上が当てはまるなら、りっぱなリトリストです!

1.1950年代後半~1986年生まれ
2.興味があれば一つのことに没頭しやすい
3.小さいころから老成している
4.重要なこと以外には興味がなく淡泊
5.意志がはっきりしている
6.集団行動は苦手
7.理由がわからない命令には従わない
8.睡眠障害がある
9.自分は人と違うという感覚がある
10.自己主張が強く、頑固
11.人を信じやすい
12.自己卑下するくせにプライドが高い
13.自分の前世や使命を知りたがる
14.広く浅く、ではなく狭く深く人と付き合いたい
15.なんとなく生きにくいと感じている
16.プチ鬱
17.やりたいことを見つけたい、渇望感がある
18.人見知りで話ベタ
19.頭痛薬、点鼻薬など薬に頼りがち
20.芸術的才能がある
21.クリーエーターとしての仕事
22.直観力が冴えている
23.シンクロがよく起きる(考えていた人からメールが来るなど)
24.高めの耳鳴りがする
25.プラーナやオーラが見える
26.早く大人になりたいと思っていた
27.性善説であり、神聖なものにあこがれる
28.洞察力・観察力がすぐれている
29.常識とか学校のルールとかは意味がないと思う
30.いろいろなことが面倒くさい
31.運動会でも受験でも全力疾走したためしがない
32.安全な場所で自由でいたい
33.自分にしかできないことを仕事にしたい

ということでリトリストの特徴を上げてみました。いかがでしょうか?
ゆとり世代が社会に出始めて数年。「ゆとりが日本をダメにするか?」ぐらいな言われようですが、彼らが本来の仕事をする基盤をつくるのが、リトリストが本当の自由を手に入れることだと私は思っています。
日本ミニマルなお家へ帰ろう


和ミニマルを充たす12のしつらい
ミニマムな家族づくりからミニマルへ

和ミニマル家レシピ イソノミヤ化の第一歩

ミニマルな自分は何をする人なのかがわかる5つの質問
縄文テイストが現代のミニマルライフのベースになる
「死ぬまで何が起きても生きていく」ミニマリストの知恵

子どもを育てる風景とミニマリストの生活

3ステップ応援 ♪いつもありがとう!
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下順位が出たらそれをクリック!(ちょっとタイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪♪ありがとうございます!!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ その他生活情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする