ホツマツタヱのお話にでる土地には神社が祀られていることが多く、
いくつかの神社由緒をしらべつつ、ホツマツタヱを読みつつしますと
興味ぶかい真実が浮かび上がるようで、大変面白いものです。

こんにちは。
ニッポンいそのみや化計画を推進する建築士久田貴子です。

家や空間づくりをとおして家族づくりや家庭経営、
家事運営のサポートをしています。

坐摩大神(いかすりのおおかみ)のはじまり?

天孫ニニキネの宮づくりの際に、家の守り主が任命されています。

建築中に現場に口から火を噴く獣が出没し民を怖がらせたのです。「オコロ」というその生き物は「土」に「火」のエネルギーを注いでなる生き物ですが、良く生かされないで塞ぎ穴に潜っていて、日の目を見る機会なく「火」を持て余していたのです。大物主がそれを読み取りニニキネ命に「人と成し給え」と進言します。

そこでニニキネ命はこう言いました。
天代に、ヤマサ神が任命されて人々の暮らし守りを務めました。そして桃の実を土台に敷いて社をつくり災いを退けることができました。あなた方の兄の方にイクシマ、弟にタルシマの名を授けますので社の守となり、新たに建つわが社の中柱の根を抱え、竈・門・井戸・庭の四とこ守も兼ねなさい。

春には、竈を守りなさい。9尺地底にて、南向き東枕に伏せよ。
夏には、門を守りなさい。3尺地底にて、北向き西枕に伏せよ。
秋には、井戸を守りなさい。7尺地底にて、東向き南枕に伏せよ。
冬には、庭を守りなさい。1尺地底にて、西向き北枕に伏せよ。
腹・背・頭を支える足に相当する。その土台で人の眠りをよく守れ(いしすゑに しきますとこお いかすれ)と「オコロの守」と名を給いました。
それ以降代々お社の安穏を守りました。

摂津一宮 坐摩神社

坐摩大神(いかすりのおおかみ)は古語拾遺等によれば、神武天皇が即位されたときに御神勅により宮中に奉斎されたのが起源とされ、坐摩の語源は諸説ありますが、土地又は居住地を守り給う意味の居所知が転じた名称といわれています                坐摩神社HPより

由緒はこのように書かれています。
オコロの守は土地や居住地を守る神さまという点では今もよくお働きなんですね。

 

3ステップ応援 ♪いつもありがとう!
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下順位が出たらそれをクリック!(ちょっとタイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪♪ありがとうございます!!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ その他生活情報へ
にほんブログ村