忙しいママに面倒くさくないスケジュール管理法

ママの叫び、聞こえてきました。

休みなくやっても終わりがない!とストレスフル状態ですーー。
せめて誰か家事やってくんないかなぁ。仕事に集中する時間が欲しい!
これ以上削りようがないよー。生活費も稼がなきゃだし。
一人何役も疲れたぁぁ。下の子はインフルなるし笑うしかないみたいな( ̄▽ ̄)

こんにちは!
家族づくり家づくり建築士久田貴子です

頑張っているよね。

休みなくやっても終わりがない

そうね。完結しない。

終わりがないって本当に大変。
浦島太郎が竜宮城から帰ってきたとき、知り合いは全員亡くなっていて一人ぼっちになったという結末でしたが、300年も寿命があったらさぞ大変だろうな、と思います。

人生80年、という目安があるということはほんと、ありがたい。やれてもやれなくても寿命が来れば人は全員死んでいきますから

使命を知る一つの方法に「三途の川を思い浮かべる」というものがあります。
え、まだこれ渡るのやだ!あれもやりたいしこれもまだやっていないじゃん

そう言って自分が死ぬ前にやっておきたいこと、やるべきこと、やりたいことを知って、また忙しく活動を始めるんです

忙しいのも苦しいのも生きているうちなんだなぁ。

寿命が来たらもう忙しくも苦しくもない代わりに、自分では地球の何にも変化を起こせなくなる。人って、だからこんなにあくせくするのか、と。

今この手で子どもを育てたり、夢を実現しようと悪戦苦闘したり、一人ぼっちで戦いを挑んだり、泣いたりわめいたりしていたいんだよね。それが目的だから。

生まれてくるって、相当勇気のいることだから、いまそばにいるみんながみんな「えいっ」と地上に降りてきた頑張ったほうの魂です。

自分で〆る

魂の成長に終わりがないわけなので、人間のやることには終わりがないのですよ。
だったら、自分で〆てしまおう!

というのが家族レシピです。家事や仕事にけじめをつけてしまうんです。
家事もきりがないので、毎日する家事、一週間に一度の家事、年に一度の家事というように分類し、「毎日家事プロジェクト」を策定します。

どんな物事にも「終わり」を決めるんです。
「家事は月一家事代行に任せてそれを維持することで完結!」
「子どもを寝かせる時の本はここまで」
「今日の仕事はここまで」と自分自身で終わりを告げるということ。

「終わり」の儀式があってもいいと思います。柏手を打つっていい儀式だと思いますよ。

日本には24節季という季節のめぐりがあり、時期を決める体内時計を持っていたりします。それを思い出しましょう。一日の中にもそれが働いています。

自分で終わりを決めて一日一日〆る。
そうするといつも追いかけられるストレスは軽減できると思います。

ただ、自分で終わりを決めるためには、全体像を把握する必要がありますよね。

面倒くさくないスケジュール管理法

自分で終わりを決めるには、全体像を把握して期限に割り振って優先順位を決めて、今日やることリストにしていく・・・ということができればいいのですが、そういう私も毎日はそれをやれません。

ただ、これをやるとやらないとでは仕事効率ががぜん違う行動があります。
その方法をシェアしますね。

1.朝お布団の中で目覚めたらすぐに起き上がらないでください。
2.布団の中で「今日やることは何か」を思い浮かべます。
3.次に「今日やることの手順」を考えます。
4.そして、お布団を出た瞬間に最初にやることに即座に向かいます。

それだけです。寝ている間に考えておくことが大事です。
朝起きてゆっくりコーヒーを飲んでからだといろんな情報が新たに目に入ることになり、それに流され時間を支配されてしまうことになりがちですからね。

一度やってみてください。一日の時間ががぜん充実しますよ!

ミニマルも祓い家事もむすび家事もすべて、
貴女が自由になるための大切なレッスンです♪
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
にほんブログ村
↓↓↓ こちらもよろしく♪♪

断捨離 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする