家族ストレスを抱えやすい人8つの原因~学童期から

14歳ぐらい 9歳に始まった反抗期の”壁”ストレス

男と女の体に分かれていく時期です。

兆しはやっぱり9歳か10歳ごろに現れ始めていて、

親とお風呂に入らなくなります。

体の変化が外に起きるのと比例して、心で起きていることにも

関心を寄せるようになり思考することを始めます。

「大人なのか子どもなのか」

「自分の人生だが自分の自由にならない」

「心に思うことを理屈で表現できない」

「願いは叶わない」

「努力は報われない」

いろいろな壁にぶつかって自分の見ている世界で絶望してしまいます。

「絶望」を打ち破ろうとしてある人は暴れ、ある人は家出を繰り返し、

ある人は「もっと知りたい。世界を広げたい。」と願います。

壁をぶち破るのを助け合う友達との関係を深めたり、尊敬する先生などを見つけると

小さな世界をうまく突破して一人でに成長ラインに入っていきます。

当時、私がしていたことは日記をつけるという習慣でした。

誰に言われるということもなしに、

心に起きているいろいろなことを書き留めました。

不思議なことに書き終える時には悩みが解決していました。

私が書いていたのは「もう一人の私」との対話でした。

もう一人の私に「ねえ、どうする?」と聞くと

「そうだね。Aならこうなる。Bならこうなる。だから私ならCにする」

ともう一人の私が答えるんです。

日記での「もう一人の私」との筆談が私のストレスを大きく減らしてくれました。

親としてこの年代の子どもにできることは信じて待つことだけかな。

第二7年期を終えるころ思考力を鍛える時期に入り、

受験というストレスがのしかかりますが、

17歳思考力のピークにむかって学業に励むことはとてもいいことなんです。

19歳の危機

19歳は月の軌道と黄道面の交点周期が一致しています。

これまでにやり残したことを清算をする時だと言われています。

私は19歳のとき自動車事故を起こしました。1回は被害者として。

二回目はコツンと追突してしまいました。でも相手が悪かった。

この事故の時に私は一人で相手方のところに通い詰めたり、

事故処理などの手順、保険屋さんとの折衝とかおおきなストレスを抱えました。

親に頼ろうとは思わなかったし、親も「社会勉強だ。一人でやらせよう。」

と考えたんでしょうね。

二十歳になる前に社会との衝突!!を体験したんです。

そりゃ、ストレスなんてもんじゃない。

救ってくれたのは中学時代の同級生でした。

ちょっとやんちゃなその男の子は、少し早めに社会人になっていて

「ちゃんと毎日相手の家にいけ!いって奥さんに顔を見せろ!」

と憂鬱な背中を押してくれました。

社会に足をつけて歩けと19歳のストレスは言っていました。

これで、夢見る夢子を半分卒業したんです。

半分はね。

ここに親がしゃしゃり出てきたらどうなっていたでしょう。

成長を邪魔する口出しは、家族ストレスそのものなんです。

成長階段を上るサポートが上手にできれば家族ストレスは激減する

というわけで、こういう成長の段階を上る時にストレスが発生します。

成長段階なので、ストレスの増減に家族が深くかかわってくるんですよね。

だから、まずは子どもをよくよく観察してほしいなと思います。

観察して「ああ、こうなんだよね」と本人以上に状況を解ること。

それで信頼関係ができます。

親自身のインナーチャイルドが癒されていない場合も、

子ども成長段階を乗り越えるごとに、

自分自身の心に刺さったまま残っている当時のピンを取り除くことが可能です。

だから子育ては親の心も癒して大人にしていく親育てともいわれるんです。

3ステップ応援 ♪うれしいです!
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下順位が出たらそれをクリック!(ちょっとタイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪♪ありがとうございます!!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ その他生活情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆい より:

    はじめまして!
    ブログランキングからお邪魔しました(♡´▽`♡)

    すごく参考になります〜

    やっぱりストレスはよくないですよね!

    応援完了です♪

    • 久田貴子 より:

      ゆいさん 応援ありがとうございます!
      成長の段階にあるストレスは、親もこどもも乗り越えるのは
      大変ですよね~子ども時代は自分のことだけでしたけど。