家にいる理不尽なモンスター家族

『モンスターペアレント』というドラマが放映されたのが2008年。

あのモンスターたちは
「先生がひいきしてウチの子のクラス写真がすくなすぎる」
「可愛いうちの子が帰りに連れ去られないか心配。先生に家まで送ってほしい」
「校則違反でも一番似合ってる髪形や髪の色にしてもいいじゃない」
「嫌な予知夢を見たから遠足は中止にしてほしい」
「日曜日に学校で遊んでいて子供がけがをしたのは先生の監督不行き届き」
「給食はウチの食事方針と会わないから給食費払わない」
「芸能活動優先。勉強なんかしなくて構わない」

という内容で、モンスターたちは子どもを溺愛してダメにするタイプでした。
モンスターペアレントが出没して学校の先生たちは病んだり門戸を閉ざしたり。

ウチの学校でもありましたよ。
「うちば運動靴を履かせない主義。運動靴は買えない。」という親。
三者面談の時は担任の横に教頭先生がついていたとか。担任が病んでしまったのです。

このモンスターたち何らかの家庭問題を抱えていました。
「夫が仕事第一で家庭不在」
「妻が子どもを置いて実家に帰ってしまった」
「シングルマザーで生活が大変」
「夫婦でギャンブル依存症」

家で卵から孵ったモンスターなのでした。

理不尽に感情をぶちまけ周りの人を虐待するモンスター。

ウルトラマンに出てくる怪獣は、核による突然変異でしたっけ?
環境が怪獣を生み出すというお話でした。

そんな環境をつくってしまう前に
ハウスモンスターの卵を孵さないようにするのって大事です。

モンスターは感情が揺れて収まらなくなり暴れます。
感情が揺れる物事が家の中で起きています。原因はいろいろです。
家族同士の喧嘩、仕事や外部から持ち込まれるトラブルなど。
そういった原因を断つことにエネルギーを注ぐと疲れます。
原因は無数にあるからです。

家族から発生する異常な感情の揺れ=周波数を鎮静させることが大事です。
さて、どうやって?

家族の波長を整えることでモンスターを産まなくなる

物理の世界で「同期現象」と呼ばれるものがあります。


バラバラに動き出した9台のメトロノームは約45秒で同期しました。

家族にモンスターを産まないしくみをこれと同じ原理でつくりだします。

このブログはそのしくみを「神様の家族レシピ」と名付けています。

神様と家族になるってことはメトロノームの台をつくることなんです。

カンタンでしょ?

でも、神様とお近づきになるにはどうしたらいいんでしょう?

神様とお近づきになれる場所がある?

大好きな人。それが現代に生きている人ならば、お近づきになることは勇気があればできます。

神っている人いますよね。フィギュアスケートで言ったら羽生さんとか、真央さん。

神様か!と思うような演技をすることがあります。

そういう有名人とはなかなかお友達になれないけれども、

身近にいる大好きな人となら友達になりたいと思いますよね。

身近にいる大好きな人に会いに行く感覚で、

もう肉体のない神様なら、どんなに有名でも間近に会いに行けます。

どんなエライ神様だろうと、神社に行けば会えるんです。

900社ぐらい神社・境内社を巡ったからわかることなんですけれどもね。

霊能者じゃなくても会えますよ。

3ステップ応援 ♪いつもありがとう!
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下順位が出たらそれをクリック!(ちょっとタイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪♪ありがとうございます!!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ その他生活情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする