ホワイトデー、会社より疲れる5つの家ストレス

今日はホワイトデー。

何かを贈りあっこすることはいいでしょうが、

貰った貰えなかったといってストレスの一つになるのはどうかと。

贈り物には下心がくっついてますからね。大抵。

下心隠すとあんまりよくないんで、自分の下心をハッキリさせましょ!

ホワイトデーの際ですから。

「上げたのに貰えなかった。悲しい。傷つく。それほど大事にされてない。」

もし、そう思うとしたら、あなたは贈り物で相手を試してる。

試している自分を認めるって大事です。

「上げたのに貰えなかった。今度自分があげるの忘れても大丈夫かも。」

ぐらい、軽く考えて水に流せば家ストレスも半減しますよ。

家ストレスが重くおもーくならないためにできる事ってありますよ。

夫が会社より疲れると思う家庭の特徴5つ

という記事を読みました。

1.自分の存在感がない

2.素晴らしすぎる妻

3.片付いていない家の中

4.理想の父親イメージがある

5.夫に依存してくる妻  が三松さんの5つのまとめです。

5つに共通して言えることは、夫が安心して家でスイッチOFFできないことだとおっしゃっています。

夫をバカにしている。
良妻賢母+バリキャリ(古いな!)な孟母。
汚部屋。
カッコいいスーパーマンパパ。
自分では何もできないふり?

おそらく、家の周波数が高すぎても低すぎても居心地よくないんだと思います。

そうなる原因は、「人が持ち込むもの」と「場の影響」二つしかありません。

そして、はっきり言うなら「人が持ち込むもの」を均してしまうのが

「場の影響力」というものです。

場の悪影響を極力ゼロに近づけるのが神ヲタ建築士 ひさだの仕事です。

3ステップ応援 ♪いつもありがとう!
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下順位が出たらそれをクリック!(ちょっとタイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪♪ありがとうございます!!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ その他生活情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする