家族に疲れている主婦がゴミ感情を捨てる4ステップ

家を汚す

世話がかかる

思い通りにならない

嫌味を言われる

ありがとうを言わない

誰かと比べる

ケチ

いちいちうるさい

監視されているみたい

自由がない

誕生日も忘れられてる

結婚記念日も覚えていない

家のことって終わりがないし、目に見える成果ってないし、

ホント、疲れる。この疲れをどうやって癒せるんだろう。

ゴミ感情を溜めると病気になる

疲れの原因は、家族に対する「ブツブツブツブツ」いってる

不平不満、愚痴、心でつぶやく悪口、イライラ、怒り。

心のモヤモヤしたゴミ感情が自分の背中にどしっとのっかっているからです。

一言でも「ありがとう!」と言われるだけで吹き飛びますもんね。

モヤモヤが。

ココロに溜めるゴミ感情をほっておくと病気になったり、爆発します。

ココロにゴミを溜めても翌朝にはスッキリ清められている。

そうじゃないから疲れるんです。

ココロにゴミを溜めていると、部屋にもゴミがたまっていることが

多いかもしれません。

ひょっとして、家がゴミ屋敷になっていたらスッキリきれいにするとことから

心のゴミ溜め一掃キャンペーンを始めるいいきっかけになります。

心のゴミ溜め一掃キャンペーンを始めるぞ!

家族に疲れる原因は家にあるんだから、家族が悪いのかもしれない。

でも、あなたの心にゴミを溜めてるのはあなた自身です。

家族がゴミを置いていったわけじゃないんです。

そもそも、人の心の中は家族といえどもアンタッチャブルなんですよ。

つまり、あなたの心のゴミを取り除くのは、他の誰かの行動ではなく、

あなた自身の意志でしかできないことです。

ココロにゴミを溜めたくない。心のゴミを一掃してスッキリしたい。

そうおもうなら、すぐに心のゴミ溜め一掃キャンペーンを始めましょう。

でも、どうやるの?

心のゴミ感情を消す手順

ノートか紙を用意してください。

  1. まず、本当に願っている状態、ワクワクすることを紙の左側に書きだしていきます。残らず全部書き出します。

2. 鼻血も出ないぐらいに書き出したら、次に右側に左側のことが実現したら「こんな困ったことが起きる」という反作用を書き出します。左側の項目と同じ数だけ「嫌なこと」が出てきます。

3. 次に行うのは、別の紙に今のゴミ感情(不平不満、愚痴、心でつぶやく悪口、イライラ、怒り)を全部書き出します。

4. 今度は右側にゴミ感情が起きた原因の「良い面」を書き出します。

この方法は感情を「ゼロポイント」に戻すワークです。

ゴミ感情は、「ありがとう」という言葉や優しいねぎらいで一時は吹き飛びますが、

困ったことに長続きしません。いつも「ありがとう」を求めてしまうし、それが習性化し「もっともっと」と餓鬼のように求めてしまうようになったりします。

感情を癒すあるいは、吹きはらうためにはこうした「論理」「ワーク」を使うとゴミ感情再発防止になります。

ゴミ感情を吹きはらうには「論理」もしくは「行動」

ゴミ感情を心の中でぐちゃぐちゃ考えてもグルグル回るだけです。

感情には「論理」で対抗する。

もしくは「アクション」を起こすんです。

あなたがゴミ屋敷に住んでいるとしたら、まずゴミ屋敷を一掃しましょう!

「自分だけでは無理」とおもったら、ぜひ家事代行に電話しましょう。

家事代行に依頼するのではなく、手伝ってもらいます。

一回だけでもいいし、月に一回だけでも来てもらうと、

その日は自分も掃除をしやすくなります。

ウチで提供している”祓い家事”を覚えておくとさらにいいです。

目に見えないゴミも祓ってくれるからです。

「家はきれいにしている」という方は、神社に行きましょう。

ゴミ感情を一掃するのに役立つ神社浴

氏神様にお参りましょう。

地域の神社庁で調べられることもありますし、隣近所の人に聞けば

氏神様がわかります。

そこにお参りしましょう。

そしてただ「ゴミ感情を一掃する」と

決めたことを報告してください。

ちなみに感情というものは毎日毎日たまるものです。

家のゴミと一緒です。毎日掃き清めるのが理想です。

でも、毎日の神社通いはわたしにもできません。

お部屋のお掃除したいなと思ったら、神社にもいくとか、

ご自分のペースで参拝されるといいでしょうね。

神社にい坐す神様のことなど無料メルマガで発信しています。

※7日間祓い家事については準備中です

3ステップ応援 ♪いつもありがとう!
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下順位が出たらそれをクリック!(ちょっとタイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪♪ありがとうございます!!
↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする