氷川三社の神社浴、行ってきました。

スポンサーリンク

まずは氷川女體神社へ。

神社浴にもってこいの雨の一日。
浦和駅からタクシーで現地についたころには
風もあり、とっても肌寒い。
神社のヲタク的解説(笑)は別の記事に譲るとして
ここでは、当日ご参加のみなさんと体験したこと。
立った柱についてレポートしていきます。
女體神社ヲタク記事
中山神社ヲタク記事

神社浴の大きな目的は「五感をととのえる事」「五感をきよめること」です。
五感のセンサーをキチンと働かせないことには願いなどかなうはずもなく。というわけで、雨という祓いに、風という祓いと祓いに次ぐ祓いではじまりました。

快眠セミナーとのコラボ神社浴だったのですが、みなさん眠りには困っていなさそうな、自立した明るい面々が集まりました。けれどもこの雨にも風にも寒さにもすべてに意味がある。それを解読してみたいと思います。

神社浴は一般的な参拝の後、自由に五感を広げて神社光線を浴びて感じる事、思うこと、出会うことに意識をフォーカスしていただくことに専念していただきます。
で、まずは、ここに皆さんのセンサーが働いていました。
有名なパワースポットなのですが、そういうことも初めはお知らせしなくて自由に境内を行きかっていたのですが、ここで、温浴効果をもらった方もいました。

プーさんみたいな愛らしい表情の瘤をもつこの樹木。
グレートマザーの愛情があふれ出ていますよね。
氷川三社のうちでもここは国を創造した政治家をお腹の中に宿った時から胎教した母のお社です。寒さはここらあたりからもう消えていましたね。
神社にはホットスポットがときおりあります。それを見つけて浴びるとまるで温泉につかったように気持ちいい。でも浴びすぎて湯あたりしないようご注意を。

このご神域には周波数が鳴門の渦のように渦巻き、木々が呼応しています。

みんなでフォトン観察をしました。
フォトンを見るのは1人を除いて初めての人ばかりでしたが、ほぼ全員がキラキラ宇宙光線を肉眼で見て、エーテル体に吸い込むことができました。やっぱり、感動しますよね!初めて見えたときは^^

フォトンが見える前に、雪みたいにちらちらする中心に点のある丸い光を肉眼で観察する人も何名かいました。

オーブと言われるこれらについてはこちらの解説をお読みください。
で、残念ながらフォトン自体は写真に写って見えたことはないですね。オーブは写真に写りやすくフォトンは写りにくいようです。画素数に関係があるのかもしれませんね。

ある意味、オーブはフォトンを集めた集合体のようなものなのでしょう。中心に核があることから、そこにフォトンを集める存在があり、オーラを形成してオーブとして見えるものかもしれません。オーブの物理学的な研究があれば面白いです。

オーブと人間はよく似ています。人間の本体の周囲を囲むエーテル体(生命体・感情体)にフォトンをたくさんチャージすると人の生命は輝くんです。

さて、中山神社に移動します。