梅雨も各地で明けましたが、なにやらスッキリしない
ムシムシの暑い日が続いていますね。
こんな時に溜まるのがだるい「疲れ」です。
「つかれ」という日本語は「憑かれ」とも書きます。
そもそも日本語(やまとことば)には、一つ一つの音に
意味があります。
「つ」は集まること。
「かれ」は枯れ。
枯れが集まる状態を「憑かれ」であり「疲れ」というわけです。
日本人は穢れ(けがれ)を嫌うといいますが、
その意味は「気枯れ」。気が枯れることなのです。
今日は「つかれ」を取り除くお月さまの効用を
お伝えしていきます。

オイルマッサージの美容効果

インドに『アーユルヴェーダ』という古典が伝わっています。
日本でもあちこちにオイルを使ったアーユルヴェーダの
マッサージ店など見かけます。
このオイルマッサージを受けて月光欲を
すると、皮膚から浄化作用が働き美容効果が高いそうです。
「全身にオイルを塗ると、それを皮膚から吸収し
カラダの内部に溶け出て中から浄化する」
と書籍などでは解説されますが、オイルが
もっとも働きかけるのはその人のカラダの”ある”部分です。
人は目に見えないボディを何層ももつ存在です。
一口にいうと「オーラ」というものに含まれるものですが、
中でも人間の皮膚に一番近いところのボディのことを
「エーテル体」といいます。
例えるならば、
宇宙飛行士が宇宙遊泳する時に必要な宇宙服。
あのイメージが「エーテル体」です。
宇宙服を身に付けなければ、人はすぐに死んでしまいます。
酸素を送り出し、宇宙光線から身を守り、寒さや宇宙ゴミなど
いろいろなものから守られて人は宇宙散歩が可能になります。
(画像出展:Wiki)
地球で生命を保つために、私たち生き物はエーテル体という”地球服”をまとっているんです。
宇宙服は現在のところかなりゴツイのですが地球服は高性能で肉眼ではに見えないんですね。
私がはじめてエーテル体という言葉を目にしたのは
人智学創始者 R・シュタイナーの本でした。
シュタイナーだけではなく、世界中の神秘家が知る事実なんですね。
人間の皮膚はエーテル体とくっついています。
オイルを浴びることは、エーテル体に滋養を与える行為なんです。
マッサージによる新陳代謝促進
ふれあいホルモン、オキシトシン分泌で鎮静効果
オイルの成分が発する周波数がエーテル体の滋養となる
オイルマッサージにはそのような効果があります。

月の効能

オイルが滋養とすれば、月の働きは浄化です。
宇宙服の機能で言えば二酸化炭素の排出です。
月はエーテル体に働きかけ、枯れた気を蘇らせてくれます。
月の波動は、心や体の要らないものを
ふるい落としてくれる「浄化パワー」があるのです。
月は五感・直感を研ぎ澄ませる力を秘めています。
月から電磁波を皮膚呼吸することによって
細胞が活性化するとともに、体内から汚れや否定的な気を排出させ、
人を美しくします。
そうした「月」を司る意識(神様)が月読命です。
ツキヨミはエーテル体の浄化をお働きとする神なのです。
「農作物にウルをあたえる」
「人の健康を司る」
「人の誕生を司る」
「亡くなった人の魂の緒を切る」
魂の緒とは、宇宙服と宇宙船をつなげるあの命綱と同じで、切れるとイノチはなくなります。
霊障を取り祓うのもツキヨミのお働きです。
ツキヨミのパワーを受け取ることができれば、
疲れをとるだけでなく、よく眠り、美容、健康に、与します。
日常生活では考えられないスピードで、家の中の空気も変わります。
ツキヨミのエネルギーを吸収し、心とカラダを軽くする方法を、
ぜひ神社浴で体験してみてください。
きっと、
想像を超える体験を実感することだと思います。
残念ながら、
只今募集しているツキヨミの神社浴を
早割料金でご参加できるのは20日までとなっております
どうぞ、この機会をあなたの幸せのために
生かしていただけますように。
お見逃しなく。

五感を研ぎ澄ます神社浴のやり方がわかります↓

お名前
メールアドレス