あと1週間もたたないうちに秋分の日がやってきます。
3月の春分から半年。頑張ってきたことは実を結びつつあるでしょうか?

燕が子育てを終えて南の国へ飛び立っていきます。

スポンサーリンク

9月18日 「白露」末候 玄鳥去(つばめさる)

4月のはじめ、春先に燕を見ると気持ちが華やぐものです。子どもたちが軒先でピーチクパーチクやっているのは、にぎやかで。
そのうち庭先で、初めて空を飛ぶ子供たちにお手本を見せながらグルグル回る親子。それは微笑ましい光景です。
そんな燕も、子育てを終えて温かい国へ帰っていく・・・。

私の頭に浮かんだのは、国を豊穣に実らせては去り、別の国を豊かに実らせる。そういう神でした。
その神の名はオオナムチノミコト。

オオナムチが祀られる神社

ホツマツタヱの中でオオナムチは出雲に大繁栄をもたらした後のことが多くて、スクナヒコナと諸国を巡るあたりの詳細は分かりません。

ただ、古事記にはかなり詳しく苦難のものがたりが語られています。兄弟や親子関係もホツマツタヱとは異なり、最たる違いはオオクニヌシとの混同です。オオナムチの古事記ものがたりは隠された歴史の”暗号”を受け取る材料とするスタンスで考えます。

須我神社(すがじんじゃ)

住所 島根県雲南市大東町須賀260
ご祭神 須佐之男命 稲田比売命 清之湯山主三名狭漏彦八島野命

ホツマツタヱによると、オオナムチは、ソサノヲがタカマに復帰してから初めてイナダヒメとの間に生まれた麗しい息子でした。ですから、ソサノヲとイナダヒメが最初に暮らしたであろう須我神社(すがじんじゃ)がオオナムチの生誕地ではないでしょうか。

オオナムチはもともと諸国を巡ることに憧れをいだいていたようです。大物主に任命された後も、宮仕えの業務は息子に事代として一任し、自分自身は民の飢えはないか、病気はないかと自ら巡って農耕を教え、薬草の知恵を授けるなどして国を豊かにすることに情熱を傾けました。

来阪神社(きさかじんじゃ)

住所 島根県出雲市矢尾町799
ご祭神 素盞鳴尊 稲田姫尊 大己貴尊 少彦名尊

オオナムチの父、ソサノヲの腰掛石があり、当社から遠近の国の趨勢を眺めていたという事です。少年期のオオナムチが父のそばで国サスライ口伝を聞いた・・・そんな光景が目に浮かぶようです。ソサノヲの体験はまさに少年クシキネ、オオナムチにとっては大冒険に思えワクワクしたことでしょう。

古事記で体験しているオオナムチの苦難は、ひょっとしたらこういう場で父の放浪ストーリーを聞かされた、その内容なのかもと想像が膨らみます。何度も死んで、生まれ変わるスサノオ。スサノオこそ苦難の人であったと思うのですが。

”焼けたイノシシ石”、これはまだ少年時代のソサノヲが荒ぶれて山火事を起こした時、迎え火を焚いた母イサナミが火に巻かれて死んでしまいます。その時、母と共にソサノヲの心は死んだのではないでしょうか。
”赤貝、ハマグリ”により生き返るのですが、今度は”キノマタ”に挟まれるのです。タカマに仕える姫を事故死させたことでタカマから追放され、神としての死を経験した・・・という風ににも取れます。

オオナムチは父の悲惨な人生を、今となっては英雄譚として追体験したのかもしれません。自分の父のように国々を巡って立派な人間になるぞ!と旅に出たのです。

宇志比古 宇志比売神社(うしひこうしひめじんじゃ)

住所 徳島県鳴門市大麻町板東牛ノ宮東18
ご祭神 大己貴命 少彦名命

旅の途中にスクナヒコナと出会い、ともに国づくりの旅を続けました。スクナヒコナは「カガミノフネ」にのってオオナムチの前に現れ、最初は言葉を話さなかったようです。二人は時折高い山に登っては、ご神徳を深めながら、国々を巡った様子が、神社のご祭神や由緒で伝わってきます。

御嶽神社 里社本社(おんたけじんじゃ)

住所 長野県木曽郡木曽町三岳3793
ご祭神 大己貴命 少彦名命

湯殿山神社(ゆどのさんじんじゃ)

住所 山形県鶴岡市田麦俣字六十里山7
ご祭神 大山祇命 大己貴命 少彦名命

總社大神宮(そうしゃだいじんぐう)

住所 福井県越前市京町1-4-35
ご祭神 大己貴命

「総社」と名づく神社が、中国地方や四国など特に西日本や北陸にはたくさんあります。そこにはオオナムチが中心に鎮座しています。日本海側の各地域は、オオナムチにとっては庭のような感じなんだな、という感想です。

 能登生國玉比古神社(のといくくにたまひこじんじゃ)

住所 石川県七尾市所口町ハ48
ご祭神 大己貴神

三河國一之宮 砥鹿神社 (とがじんじゃ)

住所 愛知県豊川市一宮町西垣内2
ご祭神 大己貴命

オオナムチは八雲琴を胎教で聞いて生まれた特別な御子です。ですから、八十神にいじめられるどころか、国々を巡って民に富と健康をもたらした大人気の神様です。父ソサノヲのような冒険を求めて厳しいお山にも登ったのでしょうが、そのことがますますオオナムチのご神威を深めたことでしょう。

出雲の国に凱旋した後のオオナムチはどうなっていくのでしょうか。