美神棚

貴女のお部屋を”いそのみや”にするための神棚を紹介します。

祈りある暮らし

祈りある暮らしがお部屋をパワースポットに変えます。
お部屋が変わるとつきあう人が変わり、お金の流れも変わります。
祈りある暮らしが子どもや家族をまもります。
祈りある暮らしで日本と、キチンとつながります。
日本とつながると世界の環境が改善します。
祈りある暮らしが地球をまもり、母性をはぐくみます。
祈りある暮らしは自分が誰なのか教えます。

「地球は宇宙の子宮」「家は人をはぐくむ子宮」です。
神さまが生まれる場所です。

美神棚はこんな働き方をします

◎お部屋に結界をはりめぐらします
◎お部屋が浄化されます
◎お部屋をゼロポイントフィールド(量子真空)にします
◎シンクロが起きやすくなります
◎心の奥底からもとめる望み(意志)が叶います
◎叶う祈り方が身に着きます
◎お部屋の住人がよく眠れるようになります
◎お部屋の住人の体調がよくなります
◎お部屋の住人の精神状態が安定します
◎お部屋での作業効率がたかまります
◎お部屋の住人の意識が進化します
◎思い通りの仕事ができるようになります
◎自分の使命にきづきます
◎若さと健康をたもちます
◎経済的にかゆたかになります
◎的確な情報があつまり、必要な知性と知恵が身につきます
◎温かく安らぎと喜びをともにできる家族をえられます
◎好きな人しか周りにいないという人間関係をつくれます
◎土地・家・部屋を祓います。

美神棚、こんな時にお薦めです。

◎初詣でいただいたお札を収納したい
◎神棚を置きたいが従来のものがお部屋の雰囲気に合わない
◎寝室に設置して、眠っている時間もお守りいただきたい
◎お引っ越しをするので神棚を新しくしたい
◎1人暮らしを始めた子どもを守ってもらいたい
◎あわただしい毎日のひととき神さまに向きう落ち着いた時間を持ちたい
◎1人暮らしの父に「見守っているよ」と伝えたい
◎”日本”とキチンとつながりたい
◎こころを「空(くう)」にして神さまと一体になりたい
◎迷いが多く心が揺れる。自分の心をうつす鏡にしたい
◎嫌なことがあっても翌日に引きずらない。毎日心の垢を祓いたい
◎淀んで停滞した生活を一新したい
◎夢見る夢子ちゃんを卒業し地に足が着いた暮しをしたい
◎決めたことが続かない。意志を強くしたい
◎感情の起伏をなだめて心穏やかに過ごしたい
◎いつも同じパターンの人が寄ってくる。悪縁を絶ちたい
◎「どうせわたしなんか」という口癖を直し運をよくしたい
◎どうしても、どうしても望みを叶えたい
◎ぴったりの相手を見つけて結婚したい
◎寝不足でイライラする。よく眠りたい
◎心身の健康を得たい

美神棚の特徴

見たところは普通の額縁です。しかし、ただの額縁ではありません。
ここが特別です。

◎奥行きが15センチあれば置いて使えます。壁掛けも可能です。
◎伝統的な神棚の「しめ縄」や「榊」は不要です。
◎伝統的な神棚の「神酒」「水」「塩」「コメ」などのご神饌は不要です。
◎スピリチュアルアーティストの高周波なポストカードを背景に使用します。
◎あなたの願いにふさわしい「唱えて叶える」古代言霊である”古代詩”を贈呈します。
◎神社巡り豊富な言霊師が設計しています

========================
量子物理学で発見されたゼロポイントフィールドとは、「真空」のなかに存在する原子内での活発な活動が強大なエネルギーを発揮する場のこと。仏教で言う「真空妙有」という言葉は単なる意識の世界のことではなく、物理現象だと判りました。「色即是空 空即是色」が証明されたのです。
実は、この「真空」「空」という概念は古来日本の神々の大切にしてきた世界でした。「ミソギ」「祓い」という行為はすべてゼロポイントをつくり、自らを「空」のなかに置くためにあったのです。それを神道では「むすび」といいますが、日本語には「母音」と「父韻」が結びついて「子音」が生まれ、ゼロポイントをつくる働きがしくまれています。
イサナキノミコト・イサナミノミコトの二神は全国を廻って言霊を人々に伝え歩きました。記紀以前の古文書にははっきりとそのことが記されています。そして国の言葉は一つになり、やがて天照大御神が二神から誕生しました。象徴的に言うならば、日本の民が共通の「空」を得たときその後の日本の総氏神となる強大なエネルギーである天照大御神が産まれたのです。
物理的な意味のある日本語。日本語は使い方によっては物理現象を起こすことばです。
日本の言葉は「言霊」であり「事霊」なのです。
この真実を今に伝える言霊学の教えを受けた言霊師により設計されたのがメガミの神棚です。
========================

ほかにもこんな特徴もあります。
◎ポストカードも力があります。神札をいただくまでの間、絵画のとして飾ることができます。
届いたその日から使用可能です。

美神棚 お作法

神さまとのつながりを、新しい形で暮らしに取り入れることがとても大切だと感じています。
伝統的なしきたりは大切ですが、美神棚の目的は「神さまと毎日面と向かう暮らし」の提案であり、現代の神棚の形を求めます。

次のようなトリセツを入れさせていただきます。

美神棚の祀り方
❏神棚は御祈祷済みです
❏届いたら開封し、神札をお鎮めする場合は絵画の有無にかかわらず中央に配します。三社の場合は向かって左に氏神・鎮守様、右側に尊崇される神様をお祀りし所定の場所にご鎮座頂きます。※1
❏目覚めの時拝礼し1分でも心の会話を心がけます。
❏参拝は「二礼二拍手一礼」です。
❏眠る前に拝礼し心行くまで心の対話をしましょう。
❏神さまと毎日面と向かう事で高周波ゲートとしてパワーチャージする意識を持ちましょう
❏神札は一年ごとに新しくいただいて下さい。御年神のご加護をいただけます。※2

※1.幸わふ神棚は「神さまと毎日面と向かう暮らし」を大切に考えています。
※2.お役目を終えた神札は、神社の佐議長などでお焚き上げをしましょう。

美神棚 Q&A

神棚を設置する場所は決められていますか?

最適な場所は、立った時に目線の少し上になる棚の上か壁です。美神棚はバージョンアップしております。方向については東向き、南向きにこだわる必要はありません。

二社でもかまいませんか?

伝統に従えば神さまによって方向や場所が決められていますし、お社は基本的に一柱か三柱とされています。神さまの格式・お働きをわかりやすくするためです。二社並びの場合は少し重ねて一番表に神宮大麻が来るように置きます。神棚に重ねる場合は1.天照大御神2.氏神3.崇敬する神さまという順になります。

神棚は家に一か所置けばいいですか?

目的によりますが、神棚は数よりは祀る人の心境や意志の範囲・強さに依存するところがあります。毎日どのような思いで拝礼されるかが大切です。

設置する場所は掃除する必要がありますか?

少なくとも物を片付けておくことで、物が発する雑多な周波数の影響を取り除くことができます。

神棚のつくりは神社を摸していて柱や屋根の千木などにも意味があるものと聞いていますが。

大祓祝詞にもあるように、お社そのものが結界になりえます。そもそも宮を建設する時の奉行を務めたのが大国主命でした。イズモの社は当時から立派なもので、国が繁栄する建築法を朝廷が踏襲したのです。ですが、現代の建築法は技術革新と素材の変化などで当時の建築とは様変わりを遂げました。形・音・素材・色などが発する周波数の組み合わせで効果が期待できる時代になりました。そういうわけで美神棚は従来の神棚とは異なる形状となっています。額縁型にすることによって、神社から頒布される神札をお納めし日ごろから手を合わせる機会を提供しています。

地元の氏神様だけお祀りしてもかまいませんか?

伊勢神宮から頒布される神宮大麻と、地元の神明社などで頒布される天照大御神の大麻とはお働きが異なります。神宮では日本の国家安泰をお守りされています。日本あっての地域、地域あっての家族、家族あっての「私」なのです。一社だけお守りする場合は神宮大麻になります。

外国に住んでいる日本人です。どのようにお祀りしたらいいでしょう?

日本人としてのアイデンティティ、また日本といつも繋がっていたい時日本と同様のお祀りをします。神札はただの文字ではなく神さまの周波数を写したものです。その上芸術的にも鑑賞に堪える素晴らしいツールですので是非海外でもお祀りください。

外国に住んでいますが、氏神さまはどのように考えたらいいでしょう?

氏神様の座には、ご自身の産土神さま、あるいは日本の家、実家の鎮守神社をお祀りします。どれもご自身で確定できない場合は、産まれた土地の神社庁支部で問い合わせると教えてもらえます。

外国の神様や天使のカード、仏教の御札などを一緒にお祀りしてもいいですか?

そういう場合、各国で使う言葉が異なるように周波数的に多少の不調和が生じます。けれども、美神棚自体が独自の周波数をもって全体をリードしますのでいずれは同調していきます。見た目が美しいかどうか、気持ちが落ち着かずざわつくなどの感覚も判断材料にして下さい。寛容性のない宗教のカードの場合は別にされた方が丸く収まります。

美神棚を祀りはじめる時の注意事項などありますか?

日のよい午前中にお祀りします。目上の方を家に招待する時には事前にお部屋の片づけ清掃などで清めますよね。そんな時と同等以上の礼を尽くして神さまをお迎えします。

美神棚開発者からのメッセージ

わたしは昭和の半ば過ぎ、昔ながらの日本家屋で生まれ育ちました。家には大黒柱があり、家のそこかしこに神棚があり、かまどには火除けの神さま、トイレにはトイレの神さま、梁上に恵比寿様と大国様の額が飾られていました。平穏無事で幸せな子ども時代でした。神さまも家族のうち。人間の家族以外にもたくさんの目の中で子どもは育っていくのが幸せだと思います。
家は人をはぐくむ「子宮」です。
家は「お宮」なのですから、よりよく整えて暮らしたいものです。
土地や住居の周波数を向上させる技術、地鎮祭・神棚設置・神室住宅設計・シェアハウスの企画運営など、暮らしの力、住宅力を高めることがわたしの使命と思って取り組んでいます。
せっかく生まれてきた子どもたちがすくすく育ちますように、の祈りを込めて。

このシンプルな美神棚は、最初私の事務所にお祀りしていたものです。
わたしが欲しい神棚の条件を盛り込んだものです。縄文時代の古代日本の叡智と現代量子力学の成果を欲張りにも一つにしました。
それを気にいられた女性から「お神札入れにしたいから売ってくれ」と言われて商品化したものです。気軽に神さまをお部屋にお呼びして、毎日手を合わせればそれはすでに「お宮」なのだとおもいます。

うまし国ぞ そらみつ大和の国は 言霊の幸わふ国とそ さきくありとぞ
==================================

ご購入はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする