長い休みおわり、五月病とかどうでしょうか。

ストレス弱者にとって「休みが終わる」ことほど、心に重たいものが

遺るかもしれません。

グレーな気分を立たせるのに、本物の自分と自分の色を探してみるのもいいかもしれません。

『小さな巨人』の主人公は巨悪に立ち向かう警察官が、何度も権力に負けそうになりながらも

耐えて、「最後の闘い」に毎回挑みかかります。

自分の立てた「作戦」で部下たちを動かした挙句に、賭けが外れてボロボロになり

やっと家に帰りつきます。

そこに夫の「靴」を、姑である自分の母と買い物に行ったからと手渡す妻いました。

妻と自分の母の仲がいいこと。

夫の仕事をさりげなく支え、夫を癒そうとする妻が家にいること。

それが「小さな巨人」として踏みとどまれるベースなんだと、ドラマで伝えています。

仕事場で始終厳しい状態に追い込まれて苦渋の表情を見せる主人公は、

家に帰ると、ゆるむのです。表情が。

妻を幸せにしたいと思っている。だから出世もしたい。

けれども、その道が絶たれようとも正義は貫きたい。

妻は夫がやりたいように仕事をしてもらいたいと願っていて、

自分の生活のために信念を曲げるようなことを望んでいない。

互いの大切なものを守り合っている美しい関係です。

休み明け、イキイキと仕事にまい進されていない状況があるならば、

ちょっと考えてみませんか。

「つれあいの、本当に大切なものって何なのだろう?」ってこと。

自分が何かを押し通そうとするとそれが「圧力」になります。

スポンサーリンク

夫が会社より疲れると思う家庭の特徴5つ

夫が会社より疲れると思う家庭の特徴について
つづきはこちらに書いています。

 

神社浴ガイドブック

お名前
メールアドレス


プライバシー・ポリシー


3ステップ応援 、よろしくおねがいします♪
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下に順位が出たらそれをクリック!(タイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪ありがとうございます!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡りランキング