金の盃、香るという意味の”きんせんか”

水仙のお花でお酒をたしなむのもよいですね。

スポンサーリンク

11月17日 立冬 末候 金盞香(きんせんかさく)

お酒をはじめて醸し始めた由来はこうです。

むかし、まだ、男女の結婚というものがなかったクニトコタチの御代のこと。イノクチのスクナミと呼ばれる神がありました。ある日、スクナミは庭の笹竹を切った後の株に、スズメがモミを入れ酒が醸されたのをみて、お神酒を作り始めたそうな。

そのササナミの神の御座所は滋賀県の沙沙貴神社(ささきじんじゃ)であることが濃厚のようです。

住所 滋賀県近江八幡市安土町常楽寺1番

ササナミの神のお社だとすると相当に古い由緒になりますね。

4代アマカミに就かれたウヒチニが宮に入って植えたモモの木が3年たった3月3日に実を百も付けたので「モモ」の名が付き、一人前になりました。ウヒチニとスヒチニはそれまで「雛」でしたが、とつぎ為して一人前となる床に入る前の酒で、九度の汲みかわしを行いました。3年3月3日で、9回斎うのです。
三々九度の床神酒をまずは、女神から、次に男神がたしなみ床に入ります。

その床酒(とこみき)は「ささけ」といいます。笹からできたからです。作った神にササナミの名を給わりました。ササナミのつくった酒はにごり酒だったようです。搾り酒をはじめて造ったのはスサノオだということです。

八岐大蛇に「八搾りの酒」を作らせたのはソサノオでした。

出典:http://www.unnan-kankou.jp/contents/orochi/11

八岐大蛇が酒を飲んだくれて斬られた場所は八口神社と言わています。

住所 島根県雲南市加茂町神原98

出典:http://www.ssi-w.com/?page_id=3627

搾り酒を造ったスサノオの出雲では、「佐香神社」とも呼ばれる松尾神社で祀られている久斯之神(クスノカミ)が、出雲大社に全国から集った八百万の神々に酒を醸し振る舞ったという伝説があります。

住所 島根県出雲市小境町108

寒い夜は、熱燗であたたまりましょ。

 

 

TRINITY【世界最古の”皇室”の宝物】
トリップノートコラム【東京忍者スポット半日さんぽ♪】

神社浴ガイドブック

お名前
メールアドレス


プライバシーポリシー


3ステップ応援 、よろしくおねがいします♪
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下に順位が出たらそれをクリック!(タイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪ありがとうございます!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡りランキング