年賀状の季節になりました。
このところ、郵便年賀.JPのはがきデザインキットで自作することが多いです。
とても簡単に作れます。
スタンプやイメージイラストも豊富で気に入っています。

スポンサーリンク

年賀状のいいところ

年賀状は、割と疎遠になっている恩師・友人・親戚など、年に一度のごあいさつで近況を知ることができる便利なものだと思います。
長い文章を書く必要はないし、昨年中にあった印象的なことを一言添えるだけでぱっとつながりが消えずに残るのですから。

年賀状と神社参拝の共通点は?

旧年中お世話になった方へ新しい年に「今年もよろしく」とごあいさつに伺うことを”お年賀に参る”と言います。
年賀状のはじまりは、都合で直接ごあいさつに行けないけれども「よろしく」とはがきでごあいさつすることでした。

神社参拝とは、神様のお家を訪ねることです。
だから初詣とは神様にお年賀を申し上げることといえます。
そんな時にぶしつけにお願いをしても叶わないのは当たり前とも思えますが、神様って寛大というか。
神社に来た縁もゆかりもない私にもお福をいただけるんですからありがたいことです。

日本には「結ぶ」「産ぶ」とかいて”むすぶ”という言葉があります。
仏教的に言うならば”ご縁”というものです。

年賀状は人と人をほっそい糸で結びます。
神社は神様と人を”結ぶ”場であると思います。

青塚神社(愛知県一宮市)



青塚社。673番目。
祭神 天児屋命、日本武尊、応神天皇
創建 653年 この地域に害虫が発生し勧請したということです。

天児屋命とは祝詞の神様です。
春日、鹿島、香取、息栖という4つの奥義を受け継いで日本の屋根を作られた神様です。


熱田社。674番目
祭神 日本武尊


御鍬社。675番目
祭神 不明。大抵は豊受大神である場合が多いです。
伊勢神宮外宮に祀られている神様で、内宮の御饌を整える神様と言われます。
天照大御神を支える後ろ盾は豊受大神なんですね。


布袋尊。落ち着いた笑みですね。


恵比寿神。

地元の氏子さんたちに愛されている神社だとよくわかります。
神社は神様のお宅、と言いましたが氏子さんたちの陰宅であることも多いです。
だから、氏子さんたちへ思いをいたすことでごあいさつに代えさせていただくことも多いです。

通りすがりのものですけれどもね。
同じ日本に住む者同士として。

青塚神社 住所 〒493-8001 愛知県一宮市北方町北方
連絡先
アクセス 名鉄本線 木曽川駅徒歩8分
駐車場 無料

 TRINITY【天叢雲剣とヤマタノオロチ】
トリップノートコラム【名古屋】三英傑神社めぐり

神社浴ガイドブック

お名前
メールアドレス


プライバシーポリシー


3ステップ応援 、よろしくおねがいします♪
①ボタンをクリック!
②サイトでの右下に順位が出たらそれをクリック!(タイムラグ有)
③私のブログタイトルをクリック!で完了♪ありがとうございます!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡りランキング