深江神社(桑名市下深谷部)305

神社深江神社(桑名市下深谷部)305番目。

太鼓橋から参道を振り返った感じの図。
社殿の裏手から車を乗り入れましたので。

天之菩毘能命(あめのほひのみこと)
(配祀)宇迦之御魂神 大山津見神 武三熊之大人(たけみくまのうし) 火之加具土神 市杵島姫命
   国底立命 大山咋神
(主神)天照大御神
(配祀)意富伊我都命 倭建命 大物主命
天之菩毘能命(あめのほひのみこと)はアマテルカミの御子。
武三熊之大人(たけみくまのうし)はアメノホヒの子。

室町時代末期織田信長の兵災に罹り、社殿をはじめ棟札、記録等を焼失したようです。
多度大社も同様だったようですが、御神体は美濃に避難していたということでしたが。

大太鼓があり、秋祭りを賑やかせているようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「ことしの鎮守様調べ」フォーム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

676人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る