伏見稲荷大社2(京都市伏見)650

神社伏見稲荷大社2(京都市伏見)

続きです。伏見稲荷大社がもともと鎮座した、稲荷山に入る鳥居がここです。

この階段を上った左側に末社がチラリ見えています。

今回は時間の都合もあり参拝が叶いませんでしたが、ご紹介だけします。

向かって左から、長者社(秦氏祖神)、荷田社(旧社家荷田氏祖神)、五社相殿社(蛭子社:事代主、猛尾社:スサノオ、若王子社、日吉社:オオヤマクイ、八幡宮社:応神天皇)、両宮社(天照皇大神、豊受皇大神)。
玉山稲荷社。奥宮。>祭神 稲荷大神

白狐社。
祭神 命婦専女神(みょうぶとうめのかみ)命婦とは?以前花山命婦稲荷神社にお参りしていました。その由緒によりますと、つまりは稲荷眷族の棟梁という意味があるようです。
そして、千本鳥居をくぐります。

”異界へのゲートウェイ”などと言われる鳥居の列。

ですが、観光客がこう多くては異界へのトリップはお預けですね。

奥社奉拝所。奥の院とか命婦社とも。650番目。

つまり、「眷族棟梁」ですね。

 

足早に駆け巡った伏見稲荷は稲荷山の入り口にすぎません。
まだまだ先は長いのですが、想像していたりも広くて、京都一参拝者が多いにも関わらず、古来の雰囲気が残る神社でした。

次の機会を楽しみにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


「ことしの鎮守様調べ」フォーム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

676人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る