カテゴリー:日本のこころ

  • 桑名宗社(桑名市本町)282~287

    桑名宗社(桑名市本町) 桑名神社と中臣神社が合体した桑名の総鎮守がここ、桑名宗社です。 桑名首の祖神を祀っています。 遠目に見える青銅鳥居の向こうは九華公園です。そしてすぐに揖斐川。 桑名の七里の渡しから、熱田さんの…
  • 天武天皇社(桑名市)274

    天武天皇社(桑名市)274番目。 今回は桑名市の式内社を巡りました。 まずは天武天皇ゆかりの神社から。 東海道53次のうちの42番目が桑名宿です。 南に下れば伊勢へ、北に上れば美濃地方を抜けて日本海へ、東に川…
  • 仲新田宗像神社(東海市)273

    宗像神社(東海市)273番目。 本郷熊野神社のHPから「かぎやまつり」 試楽祭(四月第三土曜日)・本楽祭(四月第三日曜日)の二日間に亘り行われます。 試楽祭は、新田熊野神社より、済美会の打囃子を先頭にやぐら提灯(提…
  • 神田神社②265~271

    二回目の神田神社です。前回巡りそびれた境内社への参拝が目的でしたが、今回も時間切れで、とにもかくにも考察のための写真撮影のみとなってしまいました。 どうなんでしょうね。ちょっとすれ違い気味です。 神社巡りをあくまでも…
  • 湯島天満宮(文京区)262~264

    湯島天満宮(文京区)262番目。 湯島天満宮、男坂。 この男坂のふもとに湯島聖天(心城院)はありました。 朝も早いのでやっと露店が出始めたところでした。 受験シーズンの日曜日ですからね。 受験に限らず、文筆業や出版…
  • 心城院(湯島天神別当)260、261

    天台宗 柳井堂心城院(湯島聖天)。260番目。 湯島天神の祓戸でございます。 祓戸ですから 湯島天神にお参りする前に手と口をすすぐといいです。 柳の井 心城院HPより 当山には、江戸名水「柳の井」があることから、「柳井…
  • 烏森神社(港区)259 

    烏森神社(港区)259番目。 烏森烏森の由来を要約すると、古くこのあたりが江戸湾の砂浜で、一帯は松林であった。そのため『枯州の森』あるいは『空州の森』と言われていた。この松林には、烏が多く集まって巣をかけていたため、後に…
  • 虎ノ門金比羅宮(港区)256~258

    虎ノ門金比羅宮(港区)256番目。 日枝神社から歩いて向かったので、西側の鳥居から入っていくと、手水舎があり、お賽銭箱が。 ふーんと思ってお賽銭を用意して近づくと「カチッ」と音がして龍が口から水を吐きました。 へええ。 …
  • 山王日枝神社(千代田区)253~255

    日枝神社(千代田区)。253番目。 東京の神社巡りです。 9時半ごろまでにいくつ回れるか? 先月は皇居―靖国神社―神田大明神―柳森神社を廻りました。 今日は裏鬼門を守る日枝神社からです。 国会議事堂前電車を降りると周辺に…
  • 【奥三河】野生の鹿、猿が闊歩する本宮山

    豊川市から新城市に向けて深い断層が見られますが、この中央構造線上に鎮座するのが三河一之宮、砥鹿神社が鎮座します。砥鹿神社は背後の本宮さんに奥宮がありますが、今日はその奥の院をご紹介します。 砥鹿神社奥の院(愛知県豊川市…
  • 【愛知県東三河】アラハバキ神の背後にある驚きの樹とは

    愛知県東三河地区に豊川市はあります。有名な社寺というと日本三大稲荷の一角である豊川稲荷があります。同じ豊川市に三河一之宮、砥鹿神社が鎮座します。 豊川市から新城市に向けて深い断層が見られますが、これは中央構造線です。断…

「ことしの鎮守様調べ」フォーム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

676人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る