カテゴリー:日本のこころ

  • 田代神社(岐阜県養老町)500~503

    田代神社(岐阜県養老町)500番目。 式内社ということで訪れました。 祭神 別雷命(加茂神社)    武甕槌命 經津主命 天兒屋根命 姫神(春日神社)    家津御子神 速玉男神 熊野久須美命(熊野神社)    建御名…
  • 千代保稲荷神社(岐阜県海津市)499

    千代保稲荷(岐阜県海津市)499番目。 なんでも年間250万人が訪れるという人気神社です。 連休の合間の10時前ですが、多くの人がいます。いつも筍を採ってきてくれるおじさんにお土産をと思い、物色して歩きました。 …
  • 荷席稲荷大明神(岐阜県海津市)498

    荷席稲荷大明神(岐阜県海津市)498番目。 お初の千代保稲荷をめざして参道を歩き、発見したお社です。 かせきいなり、と読みます。 9時過ぎでしたが、参道の御店の開店もまばらな時間であることを差し引いても参拝の人はあ…
  • 市杵島神社(半田市向山)495~497

    市杵島神社(半田市向山)495番目。 イチキシマヒメはいつも池や海に浮かぶご祭神です。 ”いつくしむ”美は、イチキシマヒメの代名詞です。 秋葉神社。496番目。 津島神社。497番目。 …
  • 尾張三社(半田市亀崎)493、494

    尾張三社(半田市亀崎)493番目。 お社が東北を向いています。 これも珍しいですよね。 祭神 日本武尊    大国主命    素盞鳴尊 創建は1823年。神符が三度流れついたことから、これを祀ったことに始…
  • 秋葉神社(半田市亀崎)491、492

    秋葉神社(半田市亀崎)491番目。 亀崎潮干祭り。海浜曳き下ろしのあと神前神社からここ秋葉神社に前人形奉納がなされます。 創建は1841年とあります。 稲荷社。492番目。…
  • 神前神社②(半田市亀崎)

    神前神社(半田市亀崎) 3日からの潮干祭りを控えて、静かな境内です。 すっごいピカピカに磨かれたマフツの鏡でした。 潮干祭りは、山車の海への曳き下ろしのあと、亀崎の秋葉神社、尾張三社…
  • 阿久比神社(知多郡阿久比町)②486~490

    阿久比神社(知多郡阿久比町) 前回参拝の時は曇り空で、しかも写った写真があまりにも暗かったのですが、 今日はスッキリ晴れています。 社殿の右側に並ぶ境内社に、以前は気づかず??? おかしいな。 山ノ神社…
  • 武田神社(山梨県甲府市)483、484

    武田神社(山梨県甲府市)483番目。 おそらく、はじめての甲府入りです。 まずは土地の神様にご挨拶をと参拝です。 向かう電車の車窓から、いくつものケムトレイルらしき筋を青く晴れ渡った空に見ました。 「ケミカルは無…
  • 大神神社(愛知県一宮市)477~482

    大神神社(愛知県一宮市)477番目。 偶然参拝できることになったお社。 尾張國一之宮 大神神社 祭神 大物主神 由緒略記には、弥生時代から古墳時代に掛けて大和の国の頃次第に東の開拓…
  • 真清田神社②(愛知県一宮市)471~476

    真清田神社(愛知県一宮市) 二度目の参拝です。 前利神社の後、一宮千秋町の生田神社に行く計画をしていました。 ところが、キツネに鼻をつままれて辿りついたのは真清田神社付近。 ナビってたのにね。ときどきこういうこと…
  • 前利神社(愛知県丹羽郡扶桑町)464~470

    最終更新2016年4月19日 前利神社(愛知県丹羽郡扶桑町)464番目。 当社へは3月31日の14時ごろお参りしました。 ところがなんと・・・ 朝日新聞ニュースより  1日午前1時45分ごろ、愛知県扶桑町斎藤で…
  • 船塚神社(愛知県丹羽郡扶桑町)463

    船塚神社(愛知県丹羽郡扶桑町)463番目。元は古墳の上の弁天様ということですか。「船塚」と呼ばれた理由もよくわからないみたいですね。古墳の主が木曽川を下る船を作っていたのかしれません。「塚」というのは廃棄場所とか墓所とい…
  • しもとの神社(愛知県丹羽郡扶桑町)462

    しもとの神社(愛知県丹羽郡扶桑町)462番目。楉埜という見慣れない漢字を書きます。太鼓橋は大抵、形のみですが、もしくは危険防止のためか鎖などで止められていますがここでは渡れるようになっています。祭神 楉埜大神(しもとのお…
  • 御縣神社(愛知県犬山市)459~461

    御縣神社(愛知県犬山市)459番目。御縣神社と検索すると奈良の六社がヒットします。御県(御縣)は、古代、天皇の食事に供える蔬菜の栽培を司る御料地で宮廷の直轄地なのだそうです。一社一社御祭神は異なります。いつもながら残念な…
  • 尾張冨士大宮浅間神社(愛知県犬山市)448、449

    尾張冨士大宮浅間神社(愛知県犬山市)448番目。 ケータイを機種変更し、写真のアップロードがサクサクできるようになりました。 尾張のお山の中で本宮山と高さを競い合ったという尾張冨士はわずかながら低いの…
  • 桃太郎神社(愛知県犬山市)456~458

    桃太郎神社(愛知県犬山市)456番目。 川沿いの公園は夏場キャンプ場としてにぎわうようですが、この季節、特に今日など本当にうららかで、鶯の美しい奏でを聞きながら良い自然浴ができます。 時折の突風で大きなテント…
  • 虫鹿神社(愛知県犬山市)450~455

    虫鹿神社(愛知県犬山市)450番目。 前回犬山をめぐった時は熱に浮かされての旅路でしたが、本日はリベンジです。 ⇒虫鹿神社奥宮 尾張冨士参拝の時から来ていた「がろろ」と啼く烏が、ここでも野太く啼いています。 …
  • 田縣神社(愛知県小牧市)447

    田縣神社(愛知県小牧市)447番目。大縣神社と対になっている田縣神社は小牧市になるんですね。名鉄小牧線田縣神社前駅からすぐにこの大鳥居です。遅い時間にもかかわらず人影が多いのは地の利ですね。祭神 御歳神    玉姫命御歳…
  • 大縣神社(愛知県犬山市)442~446

    大縣神社(愛知県犬山市)442番目。 犬山って犬山城があって、成田さんの車祓いは有名だし、明治村やリトルワールドなど有名な観光スポットが目白押しです。 その割にあんまり足が向かなかった場所で、神社も同様でしたから有名…
  • 虫鹿神社奥宮(犬山市)441

    無料【ジオパシックストレス診断】 虫鹿神社奥宮(犬山市)441番目。 虫鹿神社奥宮。 祭神 不詳 奥宮自体、グーグルマップには出てこない。ヤフーマップでなんとか出てきた場所なのだけれど、実際のところ奥宮で…
  • 針綱神社(愛知県犬山市)427~440

    針綱神社(愛知県犬山市)427番目。 朝からの熱っぽさと寒気は抜けず、あったかいと言うけれども気分はよろしくないまま。 ここは尾張五社の一つであるところで、初参拝になります。愛知県のなかの五社の中では最後のお社です。…
  • 尾張神社(小牧市小針)426

    尾張神社(小牧市小針)426番目。 尾張(おばり)と名付く神社。 創建は不詳。伝承によればこの地域は、古墳時代に豪族の尾張氏が開拓したと言われている。この辺りの旧地名は「尾張村」であり、それはこの尾張氏に由来…
  • 大乃伎神社(名古屋市西区)418~425

    大乃伎神社(名古屋市西区)418番目。 別小江神社から庄内川を渡った向こう側。川沿いにあります。 やはり、江戸時代には六所大明神と呼ばれていたと言う神社です。 児宮社。419番目。 …
  • 別小江神社(名古屋市北区)415~417

    別小江神社(名古屋市北区)415番目。 古くから安産、小児の守護神と寿命の神様として源義家、為義郷を始め織田・豊臣・徳川公代々の崇敬が厚い神社である。境内の夫婦杉は天然記念物で、名古屋市の史蹟名勝となっている。境内…
  • 住吉神社(半田市)②409~414

    住吉神社(半田市)31番目。 和歌山参拝の前に一度きたけれど、境内社にはお参りしてなかった、 半田の氏神的神社再びです。 船旅の守り神で、大元は西宮に居り論功行賞にて筑紫守となりました。 和歌の神…
  • 生田明神社(岩倉市大泉寺町)408

    生田明神社(岩倉市大泉寺町)408番目。 岩倉生田神社第三段目。 推古天皇19年に創立と伝わる。 正保2年(1645)に、大山寺集落の東側にあたる岩塚の地より、御旅所のあ一つた現社地(西の宮)に移転した。岩塚当…
  • 生田神社(岩倉市石仏町)406、407

    生田神社(岩倉市石仏町)406番目。 2016年の全国初詣参拝者ランキングで一位は明治神宮ですが、なんと11位にこの生田神社の総本社がランクインしています。人気の神社なんですね。 神功皇后が海外外征の帰途、今の神戸港…
  • 小塞神社(愛知県一宮市)404、405

    小塞神社(愛知県一宮市)404番目。 木曽川が近く、真清田神社の北北東に位置する本社。 船着き場として利用されていたようで江戸時代は船着大明神とも称されていたようです。 木曽川を下り、伊勢を目指すによい所だった…
  • 籠守勝手神社(愛知県一宮市)402、403 タマガエシ

    籠守勝手神社(愛知県一宮市)402番目 コモリカツテ神社という名は変わっていますが、京都長岡京市にも見られます。 ご祭神は異なるのですが。 Wikiより 式内社の尾張国葉栗郡「黒田神社」という。籠守勝手神…

「ことしの鎮守様調べ」フォーム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

676人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る